THAAD配備で韓国が経済損失…コウモリ外交が招いた予想できた現実じゃない?

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説>THAAD配備で韓国が経済損失…コウモリ外交が招いた予想できた現実じゃない?

THAAD配備で韓国が経済損失…コウモリ外交が招いた予想できた現実じゃない?

投稿日時:2017-05-11 09:05:58
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●中国のとって韓国は中国の子分という認識。
●THAAD配備は中国から見れば「反逆」であり、報復をするのは当然。
●一方で北朝鮮は好き勝手やって、中国は手を焼いているほど。
●韓国は中国とアメリカにいい顔をして利益だけを得ようとしたコウモリ外交をした。そのどっちつかずの中途半端な態度が現在の状況。
Pre<<< 
スポンサードリンク

韓国の韓流産業が貿易額減少

記事THAAD配備が韓流産業を直撃 2年半ぶりに貿易額減少
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/07/2017050701425.html 

韓国は中国にコンテンツなどを売って多大な利益を得ていたのですが、THAAD配備を受け入れたことで、中国から報復措置が激しくなり、大きな損失になったって記事です。
スポンサードリンク

中国にとっての韓国

中国は儒教で上下関係を重んじます。よって中国の戦勝式典に参加し、名実ともに中国の部下となったはずの韓国が、中国の意向を無視してTHAAD配備をすることは絶対に許せません。世間ではTHAAD配備によって中国のミサイルが無力化することを嫌がっているとしていますが、それは表向きの理由で、根底にあるのは「部下(韓国)が上司(中国)の命令を無視している」ことにあります。中国に歯向かえばこうなるんだぞ!ってのがTHAAD報復なのです。

中国にとっての北朝鮮

その一方で北朝鮮には中国はほぼ無力です。北朝鮮は中国の意図を無視し続けています。問題は核を持っていることでも、ヨンピョン島の砲撃でも、哨戒船の撃沈でもありません。中国の意向を無視してメンツを潰しまくっていることにあります。本来ならば中国は北朝鮮にも報復をしなくてはいけないのですが、北朝鮮はそもそもが独裁国家で、経済的な報復はなんとも思っていません。中国はアメリカに北朝鮮問題を丸投げし、果ては日本にも助けを求める始末。中国は北朝鮮に関しては張らなくちゃいけない見栄すら張れない状況なんです。北朝鮮はおそらく朝鮮人の歴史上初めて「中国から自力で独立した(冊封体制から脱却したって意味)」朝鮮人の国家でしょう。これは歴史的にすごいことです。北朝鮮が国家として素晴らしいとは毛の先も思わないのですが、ある種の「よくぞここまで」という感はありますね。

結論

北朝鮮は好き勝手やって、どこ吹く風。
一方の韓国は中国とアメリカに引っ掻き回されて、もうヘトヘト。
いや、全ての元凶ははっきり言えば韓国にあるのですよ。
どっちつかずのコウモリ外交が招いたものは「信頼を失う」ってことだった…
まるでグリム童話の題材にぴったりな話です。
Pre<<< 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集