文在寅は決断を下せるのか? THAAD配備の是非と財閥解体縮小

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>文在寅は決断を下せるのか? THAAD配備の是非と財閥解体縮小
スポンサードリンク

文在寅は決断を下せるのか? THAAD配備の是非と財閥解体縮小

投稿日時:2017-05-12 18:28:09
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●文在寅はTHAAD配備の是非を国会の採択で決めると発言していたらしい(朝鮮日報によれば)。
●これはある程度仕方がない。
●朴槿恵は決して悪意を持って日韓合意を結んだのではないが、その後の経緯から批判されるようになった。
●国民の道徳(正義)が簡単にひっくり返るので、重要な決断を下しにくい。
●文在寅はこれから重要な決断を下しにくくなるのではないか。

THAAD配備の是非を国会で決める?

【社説】文大統領は盧武鉉政権の再現ではなく新たな統合と協治を示せ(中)
一部引用
文大統領はすでに韓国国内での配備が完了した米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」について、配備を続けるかどうかを国会での採決によって決める意向を示してきた。しかし軍の装備を国会の批准によって判断した前例などこれまで一度もない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/10/2017051001172.html 

朝鮮日報社説を読むと文在寅大統領はTHAAD配備の是非を国会の採決で決めるという発言をしていたらしい。そんな記事があったのかどうか、私は覚えていないのですが。しかし、こんなお話聞いたことない。

これは日本だったら沖縄の基地の配備を国会の採択で決定するようなものでしょう。仮に日本で沖縄の米軍基地の是非を決めるのが国会の採択だとすると、結末は一緒でもニュアンスが違います。何が違うのかっていうと責任です。責任ってのは決断した当人が問われる。国会で決議をするということは、国会全体に責任を分散するということになります。
なぜこんなことをするのか。
大統領の意味がないでしょう。
スポンサードリンク

韓国大統領の決断

日本では総理大臣が間違った決断をしたとしても非難されるだけです。非難されるのだって辛いことですが、韓国のように弾劾・断罪・逮捕はありません。
朴槿恵と日韓合意
朴槿恵は日韓合意をしたことで韓国国民に非難されました。しかし日韓合意は決して「朴槿恵の悪意やミス」によってなされたものではありません。すごく変な話ですが、韓国は日韓合意を守る気はありませんでした。慰安婦像は合意後も建て続け、今まで通りに日本を批判し、10億円を手に入れる…それが韓国にとっての日韓合意でした。そういう腹づもりでした。合意の後には日韓スワップを考えていたでしょう(合意は守らないのに)。虫のいい話で、日本にとっては理不尽極まりないですが、予定では韓国にとって何一つ損のない話でした。しかし、予想に反して日本は日韓合意を真面目に履行するように求めた。これまで韓国がどんな条約・合意を反故にしても、心を広くして受け入れてきた日本が今回は抗議し批判した。結果、韓国は国際的な信用を失った。スワップもパー。それで韓国国民は「なぜこんな合意をしたのだ!」と大統領を責めるようになりました。

非難だけなら問題ないのですが、それがろうそくデモに発展し、朴槿恵は弾劾・逮捕に至った。
●朴槿恵には不正蓄財をした証拠はない。
●セウォル号の事故の幾らかの責任を彼女に求めるのは無茶苦茶。
●朴槿恵が問われたのは道徳。ただし、その道徳は非常に曖昧。

スポンサードリンク

あなたならどうする?

この経緯を頭に入れた上で、あなたが韓国の大統領だったら、THAAD配備という微妙な問題をどうやって「決断」しますか?? 受け入れれば中国に責められ、突っぱねればアメリカに責められる。どちらの決断も絶対的に正しいとは言えないものです。あなたに自分の責任で決断を下す勇気がありますか? 国会の採決に委ねるというのは、政治家としてはどうかとも思いますが、ある種の賢明な方法だと思うのです。いや、ズルいか。何のための大統領権限なのかと思いますよね。しかし、ろうそくデモによって大統領が逮捕される以上は、国民の道徳と反した決断を下せば、どんな目に合うかわからないですから仕方がない。しかも状況が変われば道徳も簡単にひっくり返る。日韓合意がその最たる例です。今後、韓国の大統領は国民の顔色を伺い、重要な決断は下せるとは思えないですよね。国会の採択に委ねるというのはそういうことです。

さて、文在寅はサムスンの縮小と、親日的財閥の解体・国有化を公約としています。財閥の解体は長年、韓国にとって必要なことだと指摘されてきましたが、では、財閥の解体・縮小の結果、経済が大打撃を受けて、国民が貧困に陥った時、文在寅は無事でいられるでしょうか? もちろん経済が回復すればなんの問題もないのですよ。

今後の動向は興味深いですね。
●私個人の意見としては文在寅は、思い切りなんでもやってしまう「ギャンブル」をするか、消極的に決断を避けるか、どちらかしかないと考えています。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集