米韓の対北対策が完全に行き違う…米韓は同盟関係を維持できるか?

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>米韓の対北対策が完全に行き違う…米韓は同盟関係を維持できるか?
スポンサードリンク

米韓の対北対策が完全に行き違う…米韓は同盟関係を維持できるか?

投稿日時:2017-06-05 15:01:00
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●アメリカは北朝鮮を締め付けるが、韓国は北朝鮮に援助しようとしている。韓米は対北政策で行き違っている。
●韓国は同胞を助けたい。だから援助する。
●韓国は宗主国の中国におもねりたい。だからTHAAD配備に難色を示す。
●アメリカは韓国と同盟を結んでいるので、戦争になれば体を張って守らなくちゃいけない。
●THAAD配備に反対し、北朝鮮の核ミサイル開発を援助する韓国をアメリカは守る理由があるだろうか??
●アメリカは韓国外しへ流れるが、それは韓国に原因がある。
スポンサードリンク

米韓で対北政策で温度差

東亜日報米国は締め付け、韓国は緩和…対北朝鮮政策で温度差
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/942624/1 

6月1日にアメリカが北朝鮮に追加制裁を発表したのに対して6月2日に韓国は民間団体に北朝鮮との接触を許可して緩和政策へ。米韓は明らかに全く別の方法を取っています。韓国はアメリカの意図を踏みにじっているわけです。彼らにはその自覚はほぼ無さそうですが(指摘はできても本気じゃない)。

道徳が勝つ国

韓国は北朝鮮という同胞を助けたい。韓国では同胞を助けるという道徳が優先される。その道徳が現実の北朝鮮の脅威を超えてしまう。ちょっと他の国では考えられないですが、そういうことです。そして中国という新たな親分に身も心も捧げたい。日本人から見れば、中国と関わってもロクなことにならないと思うのですが、伝統的に中国の属国だった彼らからすると先祖返りでしかないのです。むしろ元サヤで自然なこと。経済的にも韓国は中国に依存していますしね。それで中国の意向を汲んでTHAAD配備を撤回したいと思っている。

韓国のどこのどれを取ってもアメリカと仲良くしようという気が見えないのですよね。そりゃ日米で合同演習して、当事者の韓国を跳ねるわけですよ。一番問題なのはTHAAD配備の撤回です。
朝鮮日報【社説】韓米首脳会談直前にTHAADで大立ち回りの文大統領
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/01/2017060100950.html 

THAADが無くなれば在韓米軍はミサイルの危険にさらされる。THAADがあれば100%防げるわけじゃないとか、北朝鮮から飛んでくるのは砲弾だからTHAADは関係ないとかそういう問題ではないのです。できる限りの防衛方法を取るのは軍部としては自然なこと。軍人は部下が死ぬのが何よりも嫌なのです。そしてアメリカ政府はアメリカ人が死ぬのが何より嫌。それをどういう都合とはいえ邪魔をする韓国。あなたの家族が在韓米軍にお勤めしているとしたらどう思いますか? アメリカの韓国外しの原因を作っているのは韓国自身なんですよ。
スポンサードリンク

アメリカにとって韓国は守るべき同盟国か?

THAAD撤回を求めてアメリカ人を危険に晒し、人道的援助という名目で北朝鮮の大陸間弾道ミサイル開発を間接的に進めようとする韓国をアメリカは「同盟国」として守ることが出来るでしょうか。韓国のことを同盟国の仲間であると認識できるでしょうか。むつかしいでしょう。一歩一歩、韓国外しは進まざるをえない。
動きがあるのは6月7月以降
韓国は同盟破棄とまではいかない程度にしないといけないのですが、韓国にそこまで「客観的」な目を持つ人がいるのか? そしてその人が主流派で実権を握ることが出来るのかというと、そりゃ無理だろうなと思います。

さて、6月には在韓米人の避難訓練があり、それ以降はどうなるのか。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集