韓国が脱原発…発電コストの上昇で産業は大丈夫か??

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>韓国が脱原発…発電コストの上昇で産業は大丈夫か??
スポンサードリンク

韓国が脱原発…発電コストの上昇で産業は大丈夫か??

投稿日時:2017-06-21 10:54:37
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●文在寅が脱原発へ。不足する電力は再生可能エネルギーから。
●韓国の産業は安い発電料に支えているところがある。
●再生可能エネルギーはコストが高い。
●文在寅は公務員80万人増員、財閥縮小と、今後経済にマイナスの要因となる施策を取っている。
●韓国経済は悪化する可能性が高い。

韓国の文在寅、脱原発に舵を切る

朝鮮日報「脱原発」に舵を切った韓国、不確実な代案に懸念の声
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/19/2017061902716.html 

韓国の文在寅が原発廃止へと向かいます。原発はコストの安い(単価が安い)発電である、とされます。日本では地震があることから安全コストが「そうでもない」となっていて、日本人としてはちょっと混乱してしまいますが、韓国は地震が少なく、安全対策に対しては伝統的に気を使わない国民性もあって、韓国では原発はコストの安い発電となっています。
●韓国ではとてつもなく安全に緩い。
●昨今の韓国の2.5pmも火力発電の燃えかすを撒き散らしているから。


また韓国の工業を「安い発電」が支えているのも事実で、原発は韓国の国策としてはかなり成功の部類のものです。それを脱原発へと向かうわけですから、産業界としては「?」となる。しかも、不足する部分をコストの高い再生可能エネルギーで代替するとなると、産業界としてはコストが上がるのが目に見えているわけで、韓国の数少ない強みが吹き飛ぶ可能性が高い、というか間違いないわけです。
スポンサードリンク

経済縮小の施策

ところで

であげた文在寅の就任前の公約の中に「公務員の80万人増員」「財閥の縮小」があり、そのどちらも現在絶賛進行中であることを考えると、文在寅政権の未来は暗い、と考えて差し支えないな、と。
公務員増員はギリシャ化と財政悪化を招く。財閥縮小に関しても、財閥は儒教国である韓国にはむしろ適した会社形態で、財閥によって韓国の発展が阻害されている面もありますが、それでも適した形態だと私は思います。財閥の縮小はそのまま韓国経済の縮小になるというのが韓国ウォッチャーの大方の意見でしょう。
そこにプラス、発電コストの増大です。
うーん、大丈夫か。

日本は韓国と産業構造が似ているので、韓国の疲弊は日本の利益になるわけですから、別に問題はないのですが。

韓国は若者の失業率が高く、高齢者の生活もままならない状態。社会の格差は著しく、その格差が固定して、さらに広がるばかりで夢がない。だから「まさかこれ以上、悪くなるとは思えない」と思っているんでしょうが、まだ底があるかもしれない。かもしれないじゃなくて、もう何段階か下がるでしょう。
スポンサードリンク

鳩山由紀夫と似てる

ところで、経済悪化が見えている施策と「韓国がアメリカから離れる…道徳の暴走と米韓同盟」で、韓国がアメリカに在韓米軍の縮小について発言したことと合わせると、文在寅は、沖縄の米軍基地問題で揉めた日本最悪の総理大臣「鳩山由紀夫」と被るんですよね。気のせいでしょうか。

日本はあの鳩山由紀夫と民主党の政権に東日本大震災と原発事故という歴史的不幸を経験しながらも、破綻することなく来ていますが、同じか似たようなことが韓国にあった時に耐えられるのかと。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集