平昌五輪のスキーを北朝鮮での開催を検討…文在寅は道徳に酔っている

MENU
TOP>死ぬほどスッキリする韓国ニュース解説(連載)>平昌五輪のスキーを北朝鮮での開催を検討…文在寅は道徳に酔っている
スポンサードリンク

平昌五輪のスキーを北朝鮮での開催を検討…文在寅は道徳に酔っている

投稿日時:2017-06-22 13:27:57
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●韓国が「平昌五輪の一部種目を北朝鮮で行う」ことを検討している。
●検討であって、実施するかは別。
●北朝鮮に行っていたアメリカ人学生が死亡した・北朝鮮が核実験・ミサイル開発を止める気配すらない・あと8ヶ月で平昌五輪で現実的とは思えない、とどう考えてもあり得ない。
●韓国は同胞を助けるという道徳が、経済・外交・安全保障より優先されている「道徳酩酊状態」。
●ちょっと予想を超えて来ていて何が起きるのか分からない。

平昌五輪種目の一部を北朝鮮のスキー場で行う

中央日報韓国文体部長官「平昌五輪種目の一部を北朝鮮のスキー場で行う案を検討」
http://japanese.joins.com/article/376/230376.html?servcode=600§code=670 

韓国は平昌オリンピックの会場の一部を北朝鮮で行うことを検討し始めました。2018年2月の開催であることを考えると、すでに8ヶ月しかないわけですから「まさか、本気じゃないよね」ですよ。
それに、北朝鮮に観光で行っていたアメリカ人大学生オットー・ワームビア氏(22)が帰国後死亡し、アメリカで反北朝鮮の機運が高まっている状態(さらに北朝鮮には他のアメリカ人が拘束されている)ですから「まさか、本気じゃないよね」×2ですよ。
その上、核・ミサイルでゴタゴタしている北朝鮮と共同?? それで安全が確保でいると思っているの?? 「まさか、本気じゃないよね」×3。
スポンサードリンク

北朝鮮と連邦国家樹立への道程に

しかし、また今更なぜこんなことを。

にあるように、文在寅は超親北。その中でも公約に「北朝鮮との連邦国家樹立を目指す」とあります。「連邦国家」の道程に「オリンピックの共同開催」があるのです。しかし、このタイミングで?とは思いますよね。連邦国家樹立をするのは、北朝鮮の核問題が解決してからじゃないか!…と考えるのは日米とその他の国の話で、韓国の道徳至上主義では通じない。もはや同胞を優先する道徳を抑えられない。特にろうそくデモ以降の道徳に酔った韓国では我慢できない。

これまでの政権ではさすがに道徳と現実を並べた時に、現実が勝っていた。現実を踏まえた上での道徳だった。だからこそ朴槿恵は日韓合意を結んだのです。日韓合意の向こうにスワップがあり経済の安定があった(上手くいかなかったけど)。ところが極左の文在寅としては現実よりも道徳が優先する。経済より、安全保障より、道徳。
スポンサードリンク

やばいかも韓国

それでも、ここまで道徳が優先するとなると怖い。だって、来年の2月にオリンピックですよ。もう会場は出来てないとダメでしょ。今からどうするの? というかどうなってるの? 実際に北朝鮮と共同開催するかどうかじゃなくて、そんな提言ができることがまず怖い。そして、現状の緊張(核・ミサイル・米人学生死亡)を無視してそんな発表ができる感覚が怖い。日米だけでなく、世界各国に「韓国は頭がおかしい」と思われかねない。どうも、自分の状況を客観視出来ていないよう。道徳で目が眩んでいるんですよ。そこがまた怖い。

文在寅は極左、親北、反日反米、道徳優先、現実無視の理想主義だとは思っていましたが、正直、想像を超えつつあります。いや、いくらなんでも、みたいな。近いうちに北朝鮮と連邦制樹立宣言が本当にあったりして。あと対馬侵攻とか。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集