迦毛大御神と謂うぞ

MENU
TOP>大国主>迦毛大御神と謂うぞ

迦毛大御神と謂うぞ

別名オオクニヌシとタギリヒメの子孫
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

大国主神(オオクニヌシ神)が、宗像の奥津宮の神の多紀理毘売命(タキリヒメミコト)を娶って産んだ子は
阿遅鋤高日子根神(アジスキタカヒコネ神)。
次に妹の高比売命(タカヒメミコト)。別名は下光比売命(シタテルヒメミコト)。

阿遅鋤高日子根神(アジスキタカヒコネ神は現在、迦毛大御神(カモノオオミカミ=賀茂の大神)という。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

オオクニヌシは因幡の白兎で結ばれたヤガミヒメスサノオの娘で正妻のスセリヒメ、越国に求愛のラブソングを歌いに行ってまでゲットしたヌナカワヒメとは別に、何人かの妻がいます。
セイウチ並み。
アジスキタカヒコネシタテルヒメ
さて、ここではその妻の一人、タギリヒメの系譜について述べています。タギリヒメは宗像三女神の一人です。宗像三女神というとイチキシマヒメ(=弁天と同一視される)がメジャーでイマイチ知られていないですがオオクニヌシの妻として、アジスキタカヒコネ神を生んでいます。
兄と妹と妹の夫
アジスキタカヒコネはアメノワカヒコとは友人です。アメノワカヒコ高天原からオオクニヌシに「国譲り」を迫りに送られた大使だったのですが、オオクニヌシの娘(シタテルヒメ…つまりアジスキタカヒコネの妹)と結ばれて、出雲に組したために結局、高天原の神によって殺される美青年。
このアメノワカヒコと見た目がそっくりなのがアジスキタカヒコネです。つまりはこのアジスキタカヒコネも美青年ということになります。
さて、アメノワカヒコの葬式のときにアジスキタカヒコネをアメノワカヒコと見間違えたアメノワカヒコの父親アマツクニタマ神が「おお!生き返った!」とアジスキタカヒコネにすがりつくと、その父親を蹴っ飛ばし、葬式を滅茶苦茶にしてしまいます。
親友であり義弟の死と政敵、葛藤
妹と結ばれた親友ワカヒコの死とその葬式でワカヒコの父親とはいえ宿敵・高天原(つまりはヤマト)のアマツクニタマ神を蹴っ飛ばすというのは、寓話というよりは昼メロか大河ドラマといった複雑かつ現代でもありそうな人間関係です。このお話を農業での作物を育てる上での寓話と考えることも出来るでしょうが、あまりに生々しく、その感情は現代でも通じるもの。実際にあった人間関係ではないかと思います。
スポンサードリンク

原文

故、此の大国主神、胸形の奥津宮に坐す神、多紀理毘売命娶して生める子は、阿遅鋤高日子根神。次に妹高比売命。亦の名は下光比売命。此の阿遅すき高日子根神は、今、迦毛大御神と謂うぞ。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集