事代主神の登場

MENU
TOP>大国主>事代主神の登場

事代主神の登場

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

大国主神(オオクニヌシ神)が神屋楯比売命(カムヤタテヒメ命)を娶って生んだ子は事代主神(コトシロヌシ神)。

大国主神(オオクニヌシ神)が八島牟遅能神(ヤシマムジノ神)の娘の鳥取神(トトリ神)を娶って生んだ子は鳥鳴海神(トリナルミ神)です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

このオオクニヌシの系譜に関する他のページも、名義未詳のハッキリしない神が沢山登場する。カムヤタテヒメもヤシマムジもよく分からない。鳥取という名前が登場するくらい。

コトシロヌシはこの名義未詳の嫁から生まれるのですが、今後も活躍する大事な存在。コトシロヌシは神の言葉を代弁するといった意味合いで、祭祀をつかさどる存在とされます。つまり出雲の神官か、出雲朝廷の中で祭祀の役割を担っていたのではないか?と推測されます。
このオオクニヌシの系譜で代表的なのはこのコトシロヌシとアジスキタカヒコネです。コトシロヌシが祭祀ならば、アジスキタカヒコネは名前に農耕具の「鋤(スキ)」があるように農業とされます。
スポンサードリンク

原文

大国主神、亦神屋楯比売命を娶して生める子は、事代主神。亦八島牟遅能神の女、鳥取神を娶して、生める子は、鳥鳴海神。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集