乱暴な国津神を静かにさせる神は?

MENU
TOP>国譲り編>乱暴な国津神を静かにさせる神は?

乱暴な国津神を静かにさせる神は?

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

高御産巣日神タカミムスビ)と天照大御神アマテラス)は天安河(アメノヤスカワ)の河原に八百万の神(ヤオヨロズノカミ=たくさんの神々)を集めました。そして思金神(オモイカネ神)に方策を考えさせつつ、天照大御神アマテラス)は言いました。

「この葦原中国(アシハラナカツクニ=日本)はわたしの子の天之忍穂耳(アメノオシホミミ)が統治する国であると言い与えた国だ。しかし、この国は乱暴な国津神が沢山いるのです。これらの神々を静かにさせるには、どの神を派遣したらよいか?」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

独り神であるはずのタカミムスビがまるでアマテラスと夫婦であるかのように、しゃしゃりでます。オシホミミはアマテラスとスサノオの子供なのですが……しかし、どうしてしゃしゃり出てくるか?その理由はこの後でハッキリします。言ってしまうと、オシホミミの代わりに降臨するニニギはこのオシホミミとタクハタチヂヒメの子供。タクハタチヂヒメタカミムスビの娘なのです。つまり自分の孫を降臨させるために出張ってくるのです。嫌な神様だなぁ。

さてオモイカネは思案の神。ここだけでなく、天岩戸にアマテラスが篭もったときに誘い出す案を出した神です。
参考:思金神の策
スポンサードリンク

原文

爾に高御産巣日神、天照大御神の命以ちて、天安河の河原に、八百万の神を神集へに集へて、思金神に思はしめて詔りたまひけらく、「此の葦原中国は、我が御子の知らす国と言依さし賜へりし国なり。故、此の国に道速振る荒振る国つ神等の多在りと以為ほす。是れ何れの神を使はしてか言趣けむ。」とのりたまひき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集