景行天皇

MENU
TOP>用語・神名など>景行天皇
スポンサードリンク

景行天皇

漢字・読みケイコウテンノウ
別名大足彦忍代別天皇(オオタラシヒコオシロワケノスメラミコト)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

景行天皇(第12代天皇)はタラシヒコ命とも呼ばれる。ヤマトタケル尊(オウス)の父親。父親は垂仁天皇(第11代天皇)。
登場はヤマトタケルの件に集中
物語の中ではヤマトタケルに主役の座を奪われてはいますが、日本書紀では九州クマソ征伐を行っています。その後、九州でクマソの反乱が起き、それをヤマトタケルに命じて制圧させます。古事記には景行天皇の九州征伐は一切に触れられていません。

古事記では兄を殺したヤマトタケルを疎んじていますが、日本書紀ではヤマトタケルの兄殺し(オオウスの殺害)の物語は無く、東国制圧後に帰国途中死んだヤマトタケルを追慕して東国を巡幸(幾つかの土地をめぐること)しています。
Pre<<<  >>>Next 

関連する日記

スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集