タケミナカタの敗北

MENU
TOP>国譲り編>タケミナカタの敗北
スポンサードリンク

タケミナカタの敗北

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

故、追ひ往きて、科野国の州羽の海に迫め到りて、殺さむとしたまひし時、建御名方神白しけらく、「恐し。我をな殺したまひそ。此の地を除きては、他処に行かじ。亦我が父、大国主神の命に違はじ。八重事代主神の言に違はじ。此の葦原中国は天つ神の御子の命の隨に献らむ。」とまをしき。

現代語訳

タケミカヅチタケミナカタを追いかけました。

科野国(=信濃国)の州羽(=諏訪)の海に追い詰めて、殺そうとしたとき
建御名方神(タケミナカタ神)が言いました。
「恐れいりました。
私を殺さないでください。
この諏訪の土地からは出て行きません。
わたしの父、大国主神(オオクニヌシ神)の命令に背きません。
八重事代主神(ヤエコトシロヌシ)の言葉に背きません。
この葦原中国(=日本)は天津神の御子に命ずるままに献上いたしましょう」
スポンサードリンク

解説

こうしてタケミナカタは諏訪に
諏訪の海とは日本海ではなくて、「諏訪湖」のことです。
この話からタケミナカタは諏訪から動けなくなります。よって、八百万の神が出雲に集まる「神無月」であっても諏訪だけは神がいます。なにせ諏訪から出られないので。

ただし諏訪には別の話もあります。タケミナカタがあまりに大きな身体をしているので、出雲に出向くのは大変だろうと神々が気遣ったことから、諏訪では神在り月となる――というものです。

神社や関連する土地

Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集