ホオリ命の溜息

MENU
TOP>海幸彦山幸彦編>ホオリ命の溜息
スポンサードリンク

ホオリ命の溜息

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

是に火遠理命、其の初めの事を思ほして、大きなる一歎したまひき。故、豊玉毘売命、其の歎を聞かして、其の父に白言しけらく、「三年住みたまへども、恒は歎かすことも無かりしに、今夜大きなる一歎為たまひつ。若し何の由有りや。」とまをしき。

現代語訳

火遠理命(ホオリ命)はそもそも兄ホデリ命の釣り針を無くしてここに来たということを思い出して、大きなため息をしました。

すると妻の豊玉毘売命(トヨタマヒメ命)がそのため息を聞いて、父の海神に
「三年住みましたが、今まで日頃はため息などしていませんでした。なのに今夜大きな溜息をしました。もしかして何か理由があるのでしょうか?」
と言いました。
スポンサードリンク

解説

ホオリの様子をトヨタマヒメが父親である海神に話します。直接話せばいいのにと思うのは私だけではないはず。このあと、結局釣り針を手に入れるのですが、ここに来た経緯は「釣り針を探しに」ではなく、シオツチノオジ神に導かれてであって、「偶然」やってきた、ということなんでしょうね。だからこそ三年間もすっかり忘れて奥さん・義父と楽しく過ごせたのでしょう。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集