アシヒトツアガリ宮で食事

MENU
TOP>神武東征(古事記)>アシヒトツアガリ宮で食事

アシヒトツアガリ宮で食事

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

豊の国の宇沙に着いたとき、宇沙の住民の宇沙都比古(ウサツヒコ)・宇沙都比売(ウサツヒメ)が足一騰宮(アシヒトツアガリノミヤ)を作って大御饗(=食事)を献上しました。

その土地…宇沙から出発して、筑紫の岡田宮に着いて、一年滞在しました。

筑紫の岡田宮を出発して、
安芸国の多祁理宮(タケリノミヤ)に着いて
七年滞在しました。

その国…安芸国を出発して、
吉備国の高島宮(タカシマノミヤ)に着いて
八年居ました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

移動経路
熊本県(日向)

大分県(宇沙)

福岡県(筑紫の岡田宮

広島県(安芸の多祁理)

岡山県(吉備の高島宮)

こうしてみると、日向から海岸に沿って瀬戸内海を通る、割と普通の経路な感じがします。

ウサツヒコウサツヒメは「宇沙の津の彦(日子)」と「宇沙の津のヒメ」で、宇佐は地名、津は港です。宇佐の港を統治していた豪族とされます。この豪族がイワレビコイツセがやってくると、わざわざ「アシヒトツアガリ宮」を建てて、食事をふるまうなど、歓迎します。これは単にこの豪族が大和に降ったと考えて差し支えないと思われます。
スポンサードリンク

原文

かれ、豊国の宇沙に到りましし時、その土人、名は宇沙都比古・宇沙都比売の二人、足一騰宮を作りて、大御饗献りき。其地より遷移りまして、竺紫の岡田宮に一年坐しき。またその国より上り幸でまして、阿岐国の多祁理宮に七年坐しき。またその国より遷り上り幸でまして、吉備の高島宮に八年坐しき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集