安寧天皇

MENU
TOP>綏靖天皇~開化天皇(古事記)>安寧天皇

安寧天皇

漢字・読みアンネイテンノウ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト=安寧天皇)は片塩の浮穴宮(ウキアナノミヤ)で、天下を治めました。

この天皇は河俣毘売(カハマタビメ)の兄の県主(アガタヌシ)波延(ハエ)の娘の阿久斗比売(アクトヒメ)を娶って産んだ子が常根津日子伊呂泥命(トコネツヒコイロネノミコト)、大倭日子鉏友命(オオヤマトヒコスキトモノミコト)、師木津日子命(シキツヒコノミコト)です。

この天皇の子供たちは合わせて3柱のうち大倭日子鉏友命(オオヤマトヒコスキトモ命=次の懿徳天皇【イトクテンノウ】)は天下を治めました。

師木津日子命(シキツヒコノミコト)には子が二人いました。その一人は伊賀の須知(スチ)の稲置(イナキ)・那婆理(ナバリ)の稲置・三野の稲置の祖先です。

もう一人の和知都美命(ワチツミノミコト)は淡道(アハジ)の御井宮(ミイノミヤ)にいました。ワチツミ命には娘が二人いました。姉が蝿伊呂泥(ハエイロネ)、別名を意富夜麻登久邇阿札比売(オホヤマトクニアレヒメノミコト)といいます。妹の名前が蝿伊呂杼(ハエイロド)といいます。

安寧天皇は49歳で亡くなりました。
お墓は畝火山(ウネビヤマ)の美富登(ミホト)にあります。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

河俣毘売(カワマタビメ)クワマタビメは先代の綏靖天皇の皇后です。つまりアクトヒメは安寧天皇から見ると従兄弟(いとこ)にあたります。
スポンサードリンク

原文

師木津日子玉手見命(シキツヒコタマデミノミコト)、片塩の浮穴宮(ウキアナノミヤ)に坐しまして、天の下治らしめしき。この天皇、河俣毘売(カワマタビメ)の兄、県主波延(ハエ)の女、阿久斗比売(アクトヒメ)を娶して生みましし御子、常根津日子伊呂泥命(トコネツヒコイロネノミコト)。次に大倭日子鉏友命(オホヤマトヒコスキトモノミコト)、次に師木津日子命(シキツヒコノミコト)。この天皇の御子等、并(アハ)せて三柱の中、大倭日子鉏友命(オホヤマトヒコスキトモノミコト)は、天の下治らしめしき。次に師木津日子命(シキツヒコノミコト)の子、二王 坐しき。
一の子孫は、伊賀の須知(スチ)の稲置(イナキ)・那婆理(ナバリ)の稲置・三野の稲置の祖。一の子、和知都美命(ワチツミノミコト)は、淡道(アハヂ)の御井宮(ミヰノミヤ)に坐しき。故、この王、二の女ありき。兄の名は蝿伊呂泥(ハヘイロネ)。亦の名は意富夜麻登久邇阿札比売(オオヤマトクニアレヒメノミコト)。弟の名は蝿伊呂杼(ハヘイロド)なり。天皇の御年、肆拾玖歳。御陵は畝火山(ウネビヤマ)の御陰にあり。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集