開化天皇の子供たち

MENU
TOP>綏靖天皇~開化天皇(古事記)>開化天皇の子供たち
スポンサードリンク

開化天皇の子供たち

漢字・読みカイカテンノウノコドモタチ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

若倭根子日子大毘々命(ワカヤマトネコヒコオホビビノミコト)、春日(カスガ)の伊耶河宮(イザカハノミヤ)に坐して天の下治らしめき。この天皇、旦波(タニハ)の大県主(オホアガタヌシ)、名は由碁理(ユゴリ)の女、竹野比売(タカノヒメ)を娶して生みましし御子、比古由牟須美命(ヒコユムスミノミコト)。一柱。また庶母(ママハハ)伊迦賀色許売命(イカガシコメノミコト)を娶して、生みましし御子 御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニヱノミコト)、次に御真津比売命(ミマツヒメノミコト)。二柱。また丸邇臣(ワニノオミ)の祖 日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)の妹、意祁都比売命(オケツヒメノミコト)を娶して生みましし御子、日子坐王(ヒコイマスノミコ)。一柱。また葛城の垂見宿禰(タルミノスクネ)の女、鸇比売(ワシヒメ)を娶して生みましし御子、建豊波豆羅和気(タケトヨハヅラワケ)。一柱。この天皇の御子等并せて五柱なり。男王四、女王一。
スポンサードリンク

現代文訳

若倭根子日子大毘々命(ワカヤマトネコヒコオホビビノミコト=開化天皇)は春日の伊耶河宮(イザカハノミヤ)で天下を治めました。

開花天皇が丹波の大県主の由碁理(ユゴリ)の娘の竹野比売(タカノヒメ)を娶って、産んだ子供は比古由牟須美命(ヒコユスミノミコト)です。

継母の伊迦賀色許売命(イカガシコメノミコト)を娶って産んだ子供は御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニエノミコト=崇神天皇)と御真津比売命(ミマツヒメノミコト)のニ柱です。

また丸邇臣(ワニノオミ)の祖先の日子国意祁都命(ヒコクニオケツノミコト)の妹の意祁都比売命(オケツヒメノミコト)を娶って産んだ子供は日子坐王(ヒコイマスミコ)の1柱です。

葛城の垂見宿禰(タルミノスクネ)の娘の鸇比売(ワシヒメ)を娶って産んだ子供は、建豊波豆羅和気(タケトヨハズラワケ)です。

開化天皇の子供は5柱。
男4柱。女1柱です。

個人的コラム

父親の妾と結ばれる
イカガシコメは先代の孝元天皇の妾の一人です。つまり開化天皇からみると義理の母にあたります。
参考:孝元天皇と妻、その子供たち

同じように神武天皇の皇后だった伊須気余理比売(イスケヨリヒメ)を子供の当芸志美美命(タギシミミノミコト)が娶っています。
参考:タギシミミの反逆
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集