日子坐王の子孫

MENU
TOP>綏靖天皇~開化天皇(古事記)>日子坐王の子孫

日子坐王の子孫

漢字・読みヒコイマスミコノシソン
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

ヒコイマス王(=開化天皇の子供)の第一子の大俣王(オオマタノミコ)の子供は、曙立王(アケタツノミコ)と菟上王(ウナカミノミコ)のニ柱です。

曙立王は伊勢の品遅部君(ホムヂベノキミ)・伊勢の佐那造(サナノミヤツコ)の祖先です。
菟上王は菟上王(ウナカミノミコ)は、比売陀君(ヒメダノキミ)の祖先です。

ヒコイマス王の第二子の小俣君(オマタノミコ)は当麻勾君(タギマノマガリノキミ)の祖先です。

ヒコイマス王の第三子の志夫美宿禰王(シブミノスクネノミコ)は、佐々君(ササノキミ)の祖先です。

ヒコイマス王の第四子の沙本毘古王(サホビコノミコ)は、日下部連(クサカベノムラジ)・甲斐国造(カヒノクニノミヤツコ)の祖先です。

ヒコイマス王の第五子の袁耶本王(ヲギホノミコ)は、葛野之別(カヅノワケ)・近淡海(チカツアフミ)の蚊野之別(カノノワケ)の祖先です。

ヒコイマス王の第六子の室毘古王(ムロビコノキミ)は、若狭(ワカサ)の耳別(ミミノワケ)の祖先です。

ヒコイマス王の第七子の美知能宇志王(ミチノウシノミコ)、丹波(タニハ)の河上(カハカミ)の麻須郎女(マスノイラツメ)を娶って産んだ子が、比婆須比売命(ヒバスヒメノミコト)、真砥野比売命(マトノヒメノミコト)、弟比売命(オトヒメノミコト)、朝廷別王(ミカドワケノミコ)。四柱。この朝廷別王は、三川(ミカハ)の穂別(ホノワケ)の祖先です。
日本書紀の対応箇所
なし
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

ここではヒコイマス王の子孫に関して、簡潔に名前と祖先のつながりだけが書かれています。後日「表」にしようかと思っています。
上記の神々は「開化天皇の孫たち」「日子坐王の子供たち」であげられている子供達にあります。
スポンサードリンク

原文

かれ、兄 大俣王(オオマタノミコ)の子、曙立王(アケタツノミコ)、次に菟上王(ウナカミノミコ)。二柱。この曙立王は、伊勢の品遅部君(ホムヂベノキミ)・伊勢の佐那造(サナノミヤツコ)の祖なり。菟上王(ウナカミノミコ)は、比売陀君(ヒメダノキミ)の祖なり。

次に小俣君は、当麻勾君(タギマノマガリノキミ)の祖(オヤ)なり。次に志夫美宿禰王(シブミノスクネノミコ)は、佐々君(ササノキミ)の祖(オヤ)なり。次に沙本毘古王(サホビコノミコ)は、日下部連(クサカベノムラジ)・甲斐国造(カヒノクニノミヤツコ)の祖(ヤ)なり。次に袁耶本王(ヲギホノミコ)は、葛野之別(カヅノワケ)・近淡海(チカツアフミ)の蚊野之別(カノノワケ)の祖(オヤ)なり。次に室毘古王(ムロビコノキミ)は、若狭(ワカサ)の耳別(ミミノワケ)の祖(オヤ)なり。その美知能宇志王(ミチノウシノミコ)、丹波(タニハ)の河上(カハカミ)の麻須郎女(マスノイラツメ)を娶(メト)して生みし子、比婆須比売命(ヒバスヒメノミコト)、次に真砥野比売命(マトノヒメノミコト)、次に弟比売命(オトヒメノミコト)、次に朝廷別王(ミカドワケノミコ)。四柱。この朝廷別王は、三川(ミカハ)の穂別(ホノワケ)の祖なり。

Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集