祟神天皇の后妃と御子

MENU
TOP>祟神天皇(古事記)>祟神天皇の后妃と御子

祟神天皇の后妃と御子

漢字・読みスジンテンノウノコウヒトミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニエノミコト=祟神天皇)は師木の水垣宮(ミズカキノミヤ)で天下を治めました。

この祟神天皇は木国造である荒河刀弁(アラカハトベ)の娘の遠津年魚目々微比売(トオツアユメマクハシヒメ)を娶って産んだ子供が
豊木入日子命(トヨキイリヒコノミコト
豊鉏入日売命(トヨスキイリヒメノミコト
です。

尾張連の祖先の意富阿麻比売(オオアマヒメ)を娶って産んだ子供が
大入杵命(オオイリキノミコト)
八坂之入日子命(ヤサカノイリヒコノミコト)
沼名木之入日売命(ヌナキノイリヒメノミコト)
十市之入日売命(トオチノイリヒメノミコト)
です。
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

これまでの綏靖天皇~開化天皇と同じく、まずは宮と子供・子孫の系譜から。
スポンサードリンク

原文

御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニヱノミコト)、師木の水垣宮(ミヅカキノミヤ)に坐して天の下治らしめしき。この天皇、木国造、名は荒河刀弁(アラカハトベ)の女、遠津年魚目々微比売(トオツアユメマクハシヒメ)を娶して生みましし御子、豊木入日子命(トヨキイリヒコノミコト)、次に豊鉏入日売命(トヨスキイリヒメノミコト)。二柱。また尾張連(オハリノムラジ)の祖 意富阿麻比売(オオアマヒメ)を娶して生みましし御子、大入杵命(オオイリキノミコト)、次に八坂之入日子命(ヤサカノイリヒコノミコト)、次に沼名木之入日売命(ヌナキノイリヒメノミコト)、次に十市之入日売命(トヲチノイリヒメノミコト)。四柱。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集