イクタマヨリビメとその両親の会話

MENU
TOP>祟神天皇(古事記)>イクタマヨリビメとその両親の会話

イクタマヨリビメとその両親の会話

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

イクタマヨリビメの両親は、妊娠した娘のことを疑問に思い、問い詰めました。

「お前は妊娠しているじゃないか。
夫も居ないのに、どうして妊娠したのか?」
と言うと、少女は答えました。

「ハンサムな男性が来たのです。
名前も知らない男性が、毎晩、やって来て、一緒に住んでいるうちに、妊娠しました」
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

古代でも、『ただしイケメンに限る』
イクタマヨリビメの元に夜這いに来るオオモノヌシ。姓名が分からない男性というのは、単に名前が分からないだけでなく、出自が分からないということで、何処の馬の骨とも分からないわけです。やばい人かもしれません。でも、受け入れちゃうのは、「イケメン」だからです。イケメンって得なんですねぇ。
スポンサードリンク

原文

ここに父母、その妊身みし事を恠(アヤ)しみて、その女に問ひて曰はく、「汝は自ら妊みぬ。夫无(ナ)きに何の由にか妊身める」といへば、答へて曰はく、「麗美しき壮夫ありて、その姓名も知らぬが、夕毎に到来りて住める間に、自然懐妊みぬ」といひき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集