垂仁天皇の后妃と御子

MENU
TOP>垂仁天皇(古事記)>垂仁天皇の后妃と御子

垂仁天皇の后妃と御子

漢字・読みスイニンテンノウノコウヒトミコ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

伊久米伊理毘古伊佐知命(イクメイリビコイサチノミコト=垂仁天皇)は、師木の玉垣宮で天下を治めました。

垂仁天皇は沙本毘古命(サホビコ)の妹の佐波遅比売命(サハジヒメ)を娶って産んだ子供が、
品牟都和気命(ホムツワケ)
の1柱です。

また旦波比古多々須美知宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシ)の女、氷羽州比売命(ヒバスヒメ)を娶って産んだ子供が、
印色入日子命(イニシキノイリヒコ)、
大帯日子淤斯呂和気命(オホタラシヒコオシロワケ=景行天皇)、
大中津日子命(オホナカツヒコ)、
倭比売命(ヤマトヒメ)、
若木入日子命(ワカキイリヒコ)
の5柱です。

また氷羽州比売命(ヒバスヒメ)の妹の沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメ)を娶って産んだ子供が、
沼帯別命(ヌタラシワケ)
伊賀帯日子命(イガタラシヒコ)
の2柱です。
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

垂仁天皇は祟神天皇とオオビコ命の娘御真津比売命(ミマツヒメノミコト)のとの間に出来た子供。オオビコは孝元天皇の子供であり祟神天皇から見ると伯父になる。

佐波遅比売命はサホビメ命(沙本毘売命)のこと、とされます。
参考:開化天皇の孫たち
スポンサードリンク

原文

伊久米伊理毘古伊佐知命(イクメイリビコイサチノミコト)、師木の玉垣宮(タマガキノミヤ)に坐して天下治らしめしき。この天皇、沙本毘古命(サホビコノミコト)の妹、佐波遅比売命(サハヂヒメノミコト)を娶して生みましし御子、品牟都和気命(ホムツワケノミコト)。一柱。また旦波比古多々須美知宇斯王(タニハノヒコタタスミチノウシノミコ)の女、氷羽州比売命(ヒバスヒメノミコト)を娶して生みましし御子、印色入日子命(イニシキノイリヒコノミコト)、次に大帯日子淤斯呂和気命(オホタラシヒコオシロワケノミコト)、次に大中津日子命(オホナカツヒコノミコト)、次に倭比売命(ヤマトヒメノミコト)、次に若木入日子命(ワカキイリヒコノミコト)。五柱。またその氷羽州比売命(ヒバスヒメノミコト)の弟、沼羽田之入毘売命(ヌバタノイリビメノミコト)を娶して生みましし御子、沼帯別命(ヌタラシワケノミコト)、次に伊賀帯日子命(イガタラシヒコノミコト)。二柱。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集