サホビメの覚悟

MENU
TOP>垂仁天皇(古事記)>サホビメの覚悟

サホビメの覚悟

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

サホビメは垂仁天皇の想いを知っていて、髪を全て剃ってしまい、その髪で頭を覆い、カツラにして被り、首飾りの糸を腐らせて手に巻き、衣服を酒で腐らせて、それを普通の衣服と分からないように着込んで、準備して、赤ん坊を抱いて城の外へと出ました。
日本書紀の対応箇所
なし
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

髪を剃り、その髪で頭を覆い、腐らせた服を着て、玉緒を腐らせて手に巻いて……ようは捕まらないように準備していたということ。サホビメは頭がいいです。
スポンサードリンク

原文

ここにその后、予てその情を知りたまひて、悉にその髪を剃り、髪以ちてその頭を覆ひ、また玉の緒を腐して三重(ミヘ)に手に纒(マ)かし、また酒以ちて御衣を腐し、全き衣の如服しき。かく設け備へて、その御子を抱きて城の外にさし出したまひき。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集