迦具漏比売命への系譜

MENU
TOP>景行天皇(古事記)>迦具漏比売命への系譜
スポンサードリンク

迦具漏比売命への系譜

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

かれ、上に云ひし若建王(ワカタケルノミコ)、飯野真黒比売(イイノマグロヒメ)を娶して生みましし子、須売伊呂大中日子王(スメイロオホナカツヒコノミコ)。この王、淡海(アフミ)の柴野入杵(シバノイリキ)の女を娶して生みましし子、迦具漏比売命(カグロヒメノミコト)。

現代文訳

先に述べた若建王(ワカタケル)が飯野真黒比売(イイノマグロヒメ)を娶って、生んだ子供が須売伊呂大中日子王(スメイロオホナカツヒコ)です。

この王が近江の柴野入杵(シバノイリキ)の娘を娶って産んだ子供が迦具漏比売命(カグロヒメノミコト)です。
スポンサードリンク

解説

ヤマトタケルとオトタチバナヒメの間の子供「ワカタケル」と、ヤマトタケルと「ある夫人」の子供の「オキナガタワケ」の娘である「イイノマグロヒメ」が結ばれ、「スメイロオホナカツヒコ」が生まれます。このスメイロオホナカツヒコの娘がカグロヒメです。

ややこしい。
大事なのはカグロヒメが「ヤマトタケルの曾孫」ということです。このヤマトタケルの曾孫をなぜか景行天皇が嫁にします。

おかしい。
おかしいが、この矛盾を解消しなかったことが、尚のことおかしい。

ヤマトタケルが神話の人物だとするなら、どの天皇に関係させても問題ない。どうせ神話なのだから、物語や設定を変更すれば済む。景行天皇がヤマトタケルの曾孫を迎える必要は無い。そんなの無しにしてしまえばいい。それでも矛盾を残したのはヤマトタケルの物語の全てとは言わないが、ある程度は「史実」で、ヤマトタケルなる人物が「実在」したと考えたほうがいい。もちろんヤマトタケルの人物も物語も神話が非常に多く混じっていて、モザイク状になっている。目を細めてみて推測するしかない。どのくらいの割合で史実なのかも分からない。ヤマトタケルという人物像がいくつかの人物の融合としても、核となる人物は居たろう。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集