成務天皇の功績

MENU
TOP>成務天皇(古事記)>成務天皇の功績
スポンサードリンク

成務天皇の功績

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

かれ、建内宿禰(タケシウチノスクネ)を大臣として、大国(オホクニ)・小国(オクニ)の国造(クニノミヤツコ)を定めたまひ、また国国の堺、また大県(オホアガタ)・小県(オアガタ)の県主(アガタヌシ)を定めたまひき。天皇の御年、玖拾五歳(ココノソトセアマリイツトセ)。乙卯の年の三月十五日に崩りましき。御陵は沙紀(サキ)の多他那美(タタナミ)にあり。

現代文訳

建内宿禰(タケシウチノスクネ)を大臣として、大国小国の国造(クニノミヤツコ)を定めました。

また国境を定めました。

また大小の県を定め、県主(アガタヌシ)を定めました。

成務天皇は95歳で亡くなりました。
お墓は沙紀(サキ)の多他那美(タタナミ)にあります。
スポンサードリンク

解説

これから非常に長く天皇に仕える賢臣の建内宿禰(タケノウチノスクネ)が登場。長命とされますが、実際は一族のことだと思われます。

建内宿禰は孝元天皇の子、比古布都押之信命(ヒコフツオシノマコトノミコト)が山下影日売(ヤマシタカゲヒメ)を娶って産んだ子。また非常に多くの氏族の祖先となっています。それだけ有名人であり、重要な存在だったのでしょう。
参考:孝元天皇の子孫 建内宿禰の子孫

国と県
当時は日本の中に「国」があり、その中に「県」があったのですから、まぁ、今で言うところの「県」が古代の「国」で、「市町村」が古代の「県」という感じでしょうか。

その国の境を定めた。そこに今で言うところの知事を派遣した。そして県の境を定めて、そこに今で言うところの市長町長村長を派遣した、ということになります。つまり大和政権が日本の細かい部分に勢力を広げた、ということです。

もちろん事実かは別問題ですよ。
古事記にそう書いてありますよ。
ということです。

沙紀(サキ)の多他那美(タタナミ)
奈良県奈良市山陵町の古墳とされます。

個人的コラム

タケノウチノスクネの長命について
二倍年暦を採用しても300年以上は無茶苦茶。なぜこの人物は特別なのでしょうか。神と呼べるほどのフィクション性は無いです。二倍年暦を採用すれば天皇の長命は説明できます。こういう人がいると辻褄が合わない。しかし、古代の書物ですから多少のミスや辻褄の合わないことは当然です。目を瞑るべきか、否か。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

成務天皇(古事記)の表紙へ

管理人リンク

編集