穴門の豊浦、筑紫の訶志比宮

MENU
TOP>仲哀天皇(古事記)>穴門の豊浦、筑紫の訶志比宮

穴門の豊浦、筑紫の訶志比宮

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

帯中日子天皇(タラシナカツヒコ=仲哀天皇)は穴門の豊浦宮(トユラ)と筑紫の訶志比宮(カシイ)で天下を治めました。

仲哀天皇は大江王(オオエ)の娘である大中津比売命(オオナカツヒメ)を娶って、香坂王(カゴサカノミコ)・忍熊王(オシクマノミコ)の2柱が生まれました。
 >>>Next 
スポンサードリンク

解説

穴門(アナト)の豊浦宮
アナトは山口県の「長門」のこと。穴門は関門海峡をのぞむ土地。豊浦宮は山口県下関市長府町豊浦にあったとされる。

豊浦というと蘇我氏。蘇我蝦夷は「豊浦大臣」と呼ばれていました。それは蘇我氏が豊浦に住んでいたからです。といっても蘇我氏と仲哀天皇は関係ありません。豊浦という名前は珍しい地名ではないってことです。

筑紫の訶志比宮(カシイノミヤ)
福岡県福岡市東区香椎には香椎宮がある。香椎宮は仲哀天皇神功皇后が祭られています。

大中津比売命(オオナカツヒメ)
オオナカツヒメと香坂王(カゴサカ)・忍熊王(オシクマ)はすでに登場済み。
参考:迦具漏比売命から大中比売命へ
オオナカツヒメの父、オオエ王は景行天皇とカグロヒメの息子。
スポンサードリンク

個人的コラム

仲哀天皇は九州へ
今まで畿内を中心としていて、宮は大和付近だったのに、仲哀天皇は突然、山口県と福岡県です。これはクマソが反乱し、それを抑えるために宮を設けたからです。

九州は文化の入り口。江戸時代に出島を開放していたという話は有名ですが、それは古代に於いても似たようなもの。朝鮮半島か、それとも海のシルクロード伝いの沖縄経由か、ともかく文化はまず九州に入ります。朝鮮半島の鉄もなんだかんだといってもまず九州です。

なのにどうして「大和」なのか。
九州が中心地になるのがセオリーです。
中国から金印を賜った「奴国」は九州にありました。邪馬台国はどこにあったかは分かりませんが、畿内か九州かで議論をしています。邪馬台国の位置がどちらにしても、古代の九州は発展していました。間違いありません。それが、どうして、畿内なのか。

九州は戦争が多かったのかもしれません。ソレに対して機内は安全だった。九州は発展しすぎていた。むしろ環境の悪い畿内が好戦的で九州を侵略したのかもしれません。

原文

帯中日子天皇(タラシナカツヒコノスメラミコト)、穴門(アナト)の豊浦宮(トヨラノミヤ)、また筑紫の訶志比宮(カシイノミヤ)に坐して天の下治らしめしき。この天皇、大江王(オオエノミコ)の女 大中津比売命(オオナカツヒメノミコト)を娶して生みましし御子、香坂王(カゴサカノミコ)・忍熊王(オシクマノミコ)。二柱。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集