御子の為に答へて歌ひて曰はく

MENU
TOP>仲哀天皇(古事記)>御子の為に答へて歌ひて曰はく

御子の為に答へて歌ひて曰はく

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

そう歌って、ホンダワケ皇子に酒を捧げました。

建内宿禰が代わって歌いました。

この酒を醸した人は
鼓を臼のように立てて、
歌って醸したのか
踊って醸したのか
この酒は、酒は
なんと楽しい酒か! さぁ!

これは酒楽の歌です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

建内宿禰は歌う
皇后と建内宿禰の仲のよさ。二人はセットのよう。まるでアマテラスタカミムスビのよう。

二人が歌いあうこの歌はどうやら古代からあったよう。スクナヒコナという出雲の神を歌っているからです。

ちなみに「酒」を「クス」と呼ぶのは、「薬(クスリ)」という意味もありますし、「奇す」という意味もあります。酒を飲んだら酔っ払うからじゃないでしょうか? 確かに「物の怪」にでも取り付かれたようになりますものね。

しかし、酒の歌があり、それが歌い継がれていたとしたら、日本の古代というのは、結構、豊かに思えませんか?
スポンサードリンク

個人的コラム

女王とサポートする男
よくアマテラスタカミムスビが古事記や日本書紀で登場するのを「持統天皇と藤原不比等」という古事記成立時の権力者を取り入れたもの――その後の藤原家の血筋を受けた天皇を認めるための「設定」とする意見は多いです。

しかし、神功皇后と建内宿禰のように、「女王とサポートする男」という「統治の理想形」が古代の日本にあったんじゃないか? とも思います。

その統治の理想形の根元に「卑弥呼と弟」があった、とまでは言いません。それは飛躍です。ですが「巫女と神官」というのが古代の「首長」のあり方だったんではないか? というなら納得できませんか??

その「巫女と神官」という組み合わせがこの「神功皇后と建内宿禰」に反映されていると思います。

原文

かく歌ひて大御酒を献りき。ここに建内宿禰命(タケシウチノスクネノミコト)、御子の為に答へて歌ひて曰はく、

この御酒を 醸(カ)みけむ人は その鼓 臼に立てて 歌ひつつ 醸みけれかも 舞ひつつ 醸みけれかも この御酒の 御酒の あやに うた楽し ささ

こは酒楽(サカクラ)の歌なり。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集