応神天皇の后妃と御子

MENU
TOP>応神天皇(古事記)>応神天皇の后妃と御子
スポンサードリンク

応神天皇の后妃と御子

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

品陀和気命(ホムダワケノミコト)、軽島(カルシマ)の明宮(アキラノミヤ)に坐して、天の下治らしめしき。この天皇、品陀真若王(ホムダノマワカノミコ)の女、三柱の女王を娶したまひき。一の名は高木之入日売命(タカキノイリヒメノミコト)、次に中日売命(ナカツヒメノミコト)、次に弟日売命(オトヒメノミコト)。

現代文訳

ホンダワケ(=応神天皇)命は、軽島(カルシマ)の明宮(アキラノミヤ)で天下を治めました。

応神天皇は品陀真若王(ホムダノマワカ)の娘を3人娶りました。

高木之入日売命(タカキノイリヒメノミコト)
中日売命(ナカツヒメノミコト)
弟日売命(オトヒメノミコト)

です。
スポンサードリンク

解説

ホンダワケの「ホンダ」は大阪府羽曳野市誉田(ハビキノシのホンダ)から来ているよう。ワケは褒め称える言葉で意味合いとしては「誉田の王」という感じ。

軽島の明宮
軽島は奈良県橿原市大軽町のあたりのこと。宮に関してはこのあたりで、ハッキリしたことはわからない。
 >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集