品陀真若王と娘たち

MENU
TOP>応神天皇(古事記)>品陀真若王と娘たち
スポンサードリンク

品陀真若王と娘たち

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

この女王等の父品陀真若王(ホムダノマワカノミコ)は、五百木之入日子命(イホキノイリヒコノミコト)、尾張連(ヲハリノムラジ)の祖 建伊那陀宿禰(タケイナダノスクネ)の女、志理都紀斗売(シリツキトメ)を娶して生みし子なり。

現代文訳

この応神天皇の妻となった娘の父の品陀真若王(ホムダノマワカ)は五百木之入日子命(イホキノイリヒコ)と尾張連(ヲハリノムラジ)の祖先にあたる建伊那陀宿禰(タケイナダ)の娘の志理都紀斗売(シリツキトメ)の間の子供です。

解説

応神天皇の妻である
高木之入日売命(タカキノイリヒメ)
中日売命(ナカツヒメ)
弟日売命(オトヒメ)
の三姉妹の父親がホンダノマワカ王です。

このホンダノマワカの父親が「景行天皇の皇后と皇子」に出てくる景行天皇の息子である五百木之入日子命(イホキノイリヒコ)です。

五百木之入日子命(イホキノイリヒコ)はヤマトタケルとワカタラシヒコ(成務天皇)とともに「皇太子」でした。つまり天皇候補でした。しかも成務天皇よりも年下でした。末子相続のルールから考えると天皇になるはずの人物です。

そして母親が志理都紀斗売(シリツキトメ)。尾張連の関係者です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集