大山守命の子孫

MENU
TOP>応神天皇(古事記)>大山守命の子孫

大山守命の子孫

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

オオヤマモリ命の遺体は奈良山に埋葬しました。

オオヤマモリ命は、土形君(ヒジカタノキミ)・幣岐君(ヘキノキミ)・榛原君(ハリハラノキミ)等の祖先です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

オオヤマモリの子孫
どの氏族も後に出てこない名前。名前からいうと、土形君(ヒジカタノキミ)
遠江国城飼郡土形(現在の静岡県掛川)の氏族
幣岐君(ヘキノキミ)
遠江国城飼郡比木郷(現在の静岡県掛川)の氏族
榛原君(ハリハラノキミ)
遠江国榛原郡榛原郷(現在の静岡県大井川の川口西岸)の氏族??

オオヤマモリに子孫が居るのは、成人していたからで、問題は無い。ヤマトタケルの段の「オオウス」とは事情が違う。

オオヤマモリ命が弟ウジノワキイラツコに倒されてしまい、さぞかし肩身の狭い思いをしたに違いない。
スポンサードリンク

原文

かれ、その大山守命(オホヤマモリノミコト)の骨(カバネ)は、那良山(ナラヤマ)に葬りき。この大山守命は、土形君(ヒヂカタノキミ)・幣岐君(ヘキノキミ)・榛原君(ハリハラノキミ)等(ラ)の祖なり。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集