秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫

MENU
TOP>応神天皇(古事記)>秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫

秋山之下氷壮夫と春山之霞壮夫

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代文訳

この伊豆志の神には娘がいました。娘の名前は伊豆志袁登売神(イズシオトメノカミ)といいました。

多くの神々はこのイズシオトメを妻にしようと思っていましたが、誰も結婚できませんでした。

そこにニ柱の神がいました。
兄の秋山之下氷壮夫(アキヤマノシタヒヲトコ)と
弟の春山之霞壮夫(ハルヤマノカスミヲトコ)
です。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

前頁の「アメノヒボコの宝」でアメノヒボコが持ってきた8種類の宝が祀られている神社が伊豆志神社。この神社の神の娘がイズシオトメです。

出石は兵庫県豊岡市(兵庫県の北)の地名。つまりこのあたりのお話。当然ならが「但馬」。
スポンサードリンク

原文

かれ、この神の女、名は伊豆志袁登売神(イヅシヲトメノカミ)坐しき。かれ、八十神この伊豆志袁登売(イヅシヲトメ)を得むと欲へども、皆得婚ひせざりき。ここに二の神あり。兄は秋山之下氷壮夫(アキヤマノシタヒヲトコ)と号け、弟は春山之霞壮夫(ハルヤマノカスミヲトコ)と名づく。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集