応神天皇の子孫2

MENU
TOP>応神天皇(古事記)>応神天皇の子孫2
スポンサードリンク

応神天皇の子孫2

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

故、意富々杼王(オホホドノミコ)は、三国君(ミクニノキミ)・波多君(ハタノキミ)・息長(オキナガ)の坂君・酒人君(サカヒトノキミ)・山道君(ヤマヂノキミ)・筑紫の米多君(メタノキミ)・布勢君(フセノキミ)等の祖なり。

また根鳥王(ネトリノミコ)、庶妹(ママイモ)三腹郎女(ミハラノイラツメ)を娶して生みし子、中日子王(ナカツヒコノミコ)、次に伊和島王(イワジマノミコ)。二柱。また堅石王(カタシハノミコ)の子は、久奴王(クヌノミコ)なり。

現代文訳

応神天皇の孫になる意富々杼王(オホホドノミコ)は三国君(ミクニノキミ)・波多君(ハタノキミ)・息長(オキナガ)の坂君・酒人君(サカヒトノキミ)・山道君(ヤマヂノキミ)・筑紫の米多君(メタノキミ)・布勢君(フセノキミ)の祖先です。

根鳥王(ネトリノミコ)は腹違いの妹の三腹郎女(ミハラノイラツメ)を娶って生んだ子が、
中日子王(ナカツヒコノミコ)
伊和島王(イワジマノミコ)
です。

堅石王(カタシハノミコ)の子は、
久奴王(クヌノミコ)
です。
スポンサードリンク

解説

根鳥王(ネトリノミコ)
ホムダノマワカ王の娘の子供達」に出てくる中日売命(ナカツヒメ)と応神天皇の子供。ネトリ王の腹違いの妹の三腹郎女(ミハラノイラツメ)は弟日売命(オトヒメ)と応神天皇の子供。
腹違いだと結婚できたので、別に異常ではないです。

堅石王
堅石王という人物が応神天皇とどういう縁戚かは不明。ここで取り上げられる以上は子供だったのでしょうね。なぜ具体的な関係をあげられなかったのか……???
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集