第四段一書(一) 天つ神とイザナギとイザナミ

MENU
TOP>日本書紀神代上>第四段一書(一) 天つ神とイザナギとイザナミ
スポンサードリンク

第四段一書(一) 天つ神とイザナギとイザナミ

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

一書曰、天神謂伊弉諾尊・伊弉冉尊曰、有豊葦原千五百秋瑞穗之地。宜汝往脩之、廼賜天瓊戈。於是、二神立於天上浮橋、投戈求地。因畫滄海、而引舉之、卽戈鋒垂落之潮、結而爲嶋。名曰磤馭慮嶋。二神降居彼嶋、化作八尋之殿。又化竪天柱。陽神問陰神曰、汝身有何成耶。對曰、吾身具成而、有稱陰元者一處。陽神曰、吾身亦具成而、有稱陽元者一處。思欲以吾身陽元、合汝身之陰元、云爾。卽將巡天柱、約束曰、妹自左巡。吾當右巡。既而分巡相遇。陰神乃先唱曰、姸哉、可愛少男歟。陽神後和之曰、姸哉、可愛少女歟。遂爲夫婦、先生蛭兒。便載葦船而流之。次生淡洲。此亦不以充兒數。故還復上詣於天、具奏其狀。時天神、以太占而卜合之。乃教曰、婦人之辭、其已先揚乎。宜更還去。乃卜定時日而降之。故二神、改復巡柱。陽神自左、陰神自右、既遇之時、陽神先唱曰、姸哉、可愛少女歟。陰神後和之曰、姸哉、可愛少男歟。然後、同宮共住而生兒。號大日本豊秋津洲。次淡路洲。次伊豫二名洲。次筑紫洲。次億岐三子洲。次佐度洲。次越洲。次吉備子洲。由此謂之大八洲国矣。瑞、此云彌圖。姸哉、此云阿那而惠夜。可愛、此云哀。太占、此云布刀磨爾。
スポンサードリンク

現代文訳

ある書によると

天津神イザナギイザナミにいいました。

「豊葦原(トヨアシハラ)の千五百秋に瑞穂の地がある。おまえたちはそこに行って治めなさい」

そこでイザナギイザナミ天の浮橋から矛を降ろして地を求めた。

海をかき回して引き上げると、矛の先から滴り落ちた潮が固まって島になりました。これを「オノコロ島」と言います。

イザナギイザナミはそのオノコロ島に降り立って、大きな神殿を作り、柱を立てました。

イザナギは言いました。
「お前の体はどうなっているか?」

イザナギは答えました。
「私の体には出来上がっていて、陰元(ホト)と呼ばれる場所があります」

イザナギは言いました。
「私の体も出来上がっていた、陽元と呼ばれる場所がある。その陽元と陰元を合わせたいと思う」

それで柱を回る約束をしました。
「妹(=イザナミ)は左に回れ。私は右を回る」

二柱は別れてすぐに出会いました。
イザナミが
「あな、にえやえおとこを」
(あぁ、なんと美しい少年なんでしょう!!)
と言いました。

イザナギが
「あなにえやおとめを」
(あぁ、なんと美しい少女か!)
と言いました。

二柱は夫婦となり、生まれた子どもは蛭子(ヒルコ)でした。その子は葦の船にのせて流してしまいました。

次に生まれたのは淡洲(アワシマ)でした。これも生まれた子の数には入れませんでした。

イザナギとイザナミは神生みに失敗したことを、天に帰って伝えました。

天つ神は太占(フトマニ=占い)をして、吉凶を調べて言いました。

「女性が先に声をかけたのがいけない。イザナミが言ったことをお前が先に言いなさい。もう一度戻ってやり直しなさい」

そうして、また天つ神は太占(フトマニ)をして、地上に降りる期日を調べてました。その日にイザナギとイザナミは地上に降り立ち、改めて、オノコロ島の柱の周りを回りました。

イザナギは左にから、イザナミは右から回り、イザナギが言いました。

「あなにえやえおとめを」
(あぁ、なんて美しい少女か!)

イザナギが言いました。
「あなえにやえおとこを!」
(あぁ、なんて美しい少年なんでしょう!)

その後、宮殿に住み、子どもが生まれました。大日本豊秋津洲(オオヤマトトヨアキツシマ)です。次が淡路洲(アワジシマ)、次が伊予二名洲(イヨノフタナノシマ)、筑紫洲(ツクシノシマ)、億岐三子洲(隠岐の三つ子島)、佐度洲(サドノシマ)、越洲(コシノシマ)、吉備子洲(キビノコシマ)、以上の八つの島を生んだので、これを大八洲国といいます。
瑞を彌圖 (ミズ)といいます。姸哉を阿那而 惠夜 (アナシエヤ)といいます。可愛を哀(アイ)といいます。太占を布刀磨爾(フトマニ)といいます。

古事記の対応箇所
オノゴロ島誕生
イザナギのプロポーズ
イザナギとイザナミ、初めての…
失敗した原因究明
国産み
細かい島を産む
スポンサードリンク

解説

古事記に近い物語となっています。

第四段本文 大八洲の誕生」では海すら無かった状態から海を引き出したイザナギ・イザナミですが、ここでは海はあった模様。海からアメノヌボコでオノコロ島を作り、そこに降り立ち、「神殿」を作ります。

本文では島を「国の柱」と見立てて、周囲を回りましたが、ここではオノコロ島に神殿と柱を立てて、その周囲を回っています。歩く距離が短くなって、より「人っぽい」です。
参考:柱を回って男女が結ばれる
蛭子
ヒルコは当てられた字があまりに異常なので、忌むべき存在のようですが、もともとは「日る子」ではないか?とも言われます。天照大神の妹とも原型ともされる「ワカヒルメ」の「男版」という感じでしょうか。
●三年たっても足腰の立たない不完全な神とされました。

ともかく最初の神生みは、本文でもここでも失敗です。ちなみに最初の神生みが失敗するというのも神話のパターンです。
参考:神話で第一子が失敗である理由は胎盤を第一子と見るため
イザナギとイザナミより偉い天つ神
一書では神生みに失敗したイザナギとイザナミが天の神に相談して再挑戦します。つまりイザナギとイザナミには上司がいるのです。ともかく「最高神」ではないということです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集