神功皇后

MENU
TOP>用語・神名など>神功皇后
スポンサードリンク

神功皇后

漢字・読みジングウコウゴウ
別名オキナガタラシヒメ命(息長足姫命)
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

第14代仲哀天皇の后であり、ホンダワケ命(第15代応神天皇)の母親。朝鮮半島の制圧を神より命じられたのにも関わらず無視して死んだ仲哀天皇に変わり、妊娠したままで朝鮮へ出兵し、その後出産したことから、聖母であり武芸の神として祀られる。応神天皇が八幡様と同一視されることから全国の八幡神社で、一緒に祀られていることが多い。また三韓出兵(朝鮮への出兵)の際に関わった住吉三神宗像三女神と一緒に祀られることも多い。
陰が薄い仲哀天皇
夫である仲哀天皇が死後、ホンダワケ(応神天皇)を生んでいます。本来、ホンダワケ命は仲哀天皇の子供であるにも関わらず物語(古事記日本書紀)の中でも、神功皇后は神との間に子を作ったという聖母の扱いに変わり、応神天皇は神と人の子という扱いになります。応神天皇は長子ではなく、異母兄が何人かいることから、応神天皇――つまりその後の応神天皇の子孫である記紀が書かれた時代の天皇――の正当性を主張する意味もあったのでしょう。
ただし、女性が神との間に子供を作り、父親は影が薄いというのはキリストにもあるようによくある神話・伝承のパターンでもあります。
スポンサードリンク

物語・由来

仲哀天皇の死
九州南部の豪族、熊曾族(クマソ)を討伐しようとした際に、神功皇后が占いをすると、「西方に金銀豊かな国がある。そこを服属させて与えよう」と神託があった。ところが仲哀天皇はそれを信じず――朝鮮半島に価値を見なかった、もしくは信じなかった――予定通りに熊曾族と戦争を始めたところ、急死した。
仲哀天皇をモガリの宮に収めて、もう一度占いをして神意を伺うと、「皇后の腹の御子が国を治めるべき」と神託があった。神功皇后は神に名を尋ねると、「神託はアマテラス大神の意思、伝えるよう命じられたのは住吉三神(住吉の三前大神)である」と答えた。
朝鮮半島出兵へ
神功皇后は住吉三神とともに出兵し新羅を平定。三国史記という朝鮮側の資料にも「倭人の兵が来た」というのは非常にたくさん記述があるので、出兵があったのは事実。朝鮮での戦争中に出産してはいけないと、石に祈って出産を遅らせた。
帰国後には応神天皇の異母兄との戦い
帰国し筑紫の国で出産。近畿に帰る途中で、応神天皇を亡きものにしようと異母兄である忍熊皇子・香坂皇子を破って帰国。幼い応神天皇の摂政として政治を取り行った。
スポンサードリンク

性格・能力

石で出産を遅らせる
妊娠してから朝鮮半島に出向いた神功皇后は出産を遅らせるために、美しい石を腰につけて出産を遅らせるように祈ったところ、筑紫国に帰国してから出産できるほど遅らせることが出来た。妊娠期間は15カ月。また石で産道を塞いで出産を遅らせたという表現もあります(コッチの方が面白い)。また15カ月という妊娠期間は異常として、臣下である武内宿禰(タケノウチノスクネ)との子供ではないかとする説もありますが、全体が「神話的」なので、ざっくり考えるべきだと思いますね。
九州に帰国後、幟(のぼり)を立てた
九州に帰国後、8本の幟を立てたことから、八幡……八幡信仰が始まったという伝承がありますが、八幡様はそれ以前からあった地域の信仰とも言われています。
スポンサードリンク

神社や関連する土地

香椎宮
住吉大社
城南宮
宇佐神宮
鶴岡八幡宮
石清水八幡宮
気比神宮
忌宮神宮
鹿児島神宮
全国の八幡神社・神母神社・聖母宮・聖母八幡宮
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集