第九段本文―3 鳥の葬儀

MENU
TOP>日本書紀神代下>第九段本文―3 鳥の葬儀

第九段本文―3 鳥の葬儀

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

第九段本文―3
天稚彦(アメノワカヒコ)の妻の下照姬(シタテルヒメ)が泣き悲しむ声が天に届きました。このとき天國玉(アマツクニタマアメノワカヒコの親)がその泣く声を聞いて、天稚彦(アメノワカヒコ)が死んだことを知りました。

すぐに疾風(ハヤテ)を派遣して、遺体を引き揚げて天に運ばせました。そして喪屋(モヤ=仮の遺体安置所)を作り、殯(モガリ=埋葬するまでに行う葬式)を行いました。
川雁(=鳥の種類)を、持傾頭者(キサリモチ=?)とし、また持帚者(ハハキモチ=ホウキで穢れを祓う役)としました。
一説には「鶏」を持傾頭者(キサリモチ)とし、川雁を持帚者(ハハキモチ)としたとされます。

また、雀を舂女(ツキメ)としました。
一説には川鴈(カワガリ)を持傾頭者(キサリモチ)として、持帚者(ハハキモチ)とし、鴗(ソビ)を尸者(モノマサ=使者に代わってあいさつをする)としました。雀を舂者(ツキメ)としました。鷦鷯(サザキ)を哭者(ナキメ)としました。鵄(トビ)を造綿者(ワタツクリ=死者の服を作る)としました。烏(カラス)を宍人者(シシヒト)としました。全ての鳥に仕事を分担させました。


八日八夜の間、嘆き悲しみ歌いました。
古事記の対応箇所
アメノワカヒコの葬式
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

持傾頭者
キサリモチは本居宣長によって「死者に提供する食べ物を運ぶ役」とされますが、どうしてこんな解釈になったのかは、ハッキリしません。また「死者に食べ物を運ぶ役」は宍人者と重なるので、別の役ではないかと思われます。
持帚者
ハハキモチは「ホウキ」を持つ神です。ホウキは塵取りとセットのあれです。ゴミを履いて捨てることが「ケガレ」を祓うことに繋がったみたいです。
舂女
ツキメは、まだハッキリとはしませんが、「舂」が臼とか臼で穀物をつくことを指すので、葬儀のときの食料をつく役割のことでしょう。それが死者へのものか、参加者のものかは分かりませんが、まぁ常識的に言って死者でしょう。
尸者
神が石や木に宿るときは、その石や木のことを依代(ヨリシロ)といいますが、神ではなく死者が人間に乗り移るときは尸者(モノマサ)と言います。
モノマサに死者を乗り移らせて、モノマサがあいさつをする?みたいです。なんかシュール。
哭者
ナキメは葬儀の際に大声で泣いて、葬儀をある意味で盛り上げる役割のこと。アジアには現在でも泣き女(ナキオンナ)の風習が残っている地域が多いです。
造綿者
ワタツクリは死者の衣服を造るか、綿で死者の体を拭く仕事とされます。両方かもしれません。
宍人者
シシヒトは死者の食べ物を運ぶ役とされます。
シシヒトにはカラスを任じたので、道案内をさせるのかと思ったんですが違うのか……。神武天皇を道案内した八咫烏の熊野の信仰とは違う神話の系統なんでしょうね。
スポンサードリンク

個人的コラム

アメノワカヒコの父のアマツクニタマは息子の死を知って、天上へと引き上げて葬儀を始めます。葬式はありとあらゆる鳥が葬式の役割を果たす。

これを「反逆者の葬式だから、神が葬儀を行えないから鳥がした」という受け取り方も出来るが、おそらく、「死者は鳥が連れていく」とか「死者は死んだら鳥になる」というヤマトタケルの死んだ場面と同じような「魂=鳥」という信仰があったからではないか?と思います。

チベットには鳥葬というのがあって、遺体を取りに食べさせることによって、死者を天に送るというものがあります。似た感覚ではなかったか?とも思うような思わないような。

原文

天稚彥之妻下照姬、哭泣悲哀、聲達于天。是時、天國玉、聞其哭聲則知夫天稚彥已死、乃遣疾風、舉尸致天、便造喪屋而殯之。卽以川鴈、爲持傾頭者及持帚者(一云、以鶏爲持傾頭者、以川鴈爲持帚者)、又以雀爲舂女。(一云「乃以川鴈爲持傾頭者、亦爲持帚者、以鴗爲尸者、以雀爲春者、以鷦鷯爲哭者、以鵄爲造綿者、以烏爲宍人者。凡以衆鳥任事。」)而八日八夜、啼哭悲歌。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集