アメノウズメ

MENU
TOP>用語・神名など>アメノウズメ
スポンサードリンク

アメノウズメ

漢字・読み天細女神
別名天宇受売神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

裸になって踊り、笑いを取るという女神。天岩戸編では乳房とアソコをさらけ出して、神々の宴会を盛り上げます。サルタヒコに「何をしているのか?」とたずねるときにも、乳房とアソコを見せています。露出癖があるのかと。現代ならWAHAHA本舗向きです。

イラストでは「美人」に描かれがちですが、日本神話を一通り読んでしまうと、あまり美人には思えないです。

物語・由来

天岩戸で天照大神をおびき出す
スサノオの乱暴狼藉にショックを受けたアマテラス大神が天の岩戸に引きこもった際に、桶の上でステップを踏みならし、場の雰囲気が温まってくると、岩戸の前で乳房をあらわにし、腰の布を解いて女性器をあらわにして踊り、盛り上げて、アマテラスをおびき出す一役を担ったとされる神様
参考:思金神の策 なにごとかと覗く
天孫降臨でも活躍
ニニギ命が降臨する際に道を塞いでいたサルタヒコとの交渉を行い、その後サルタヒコと結婚した芸能の神。またニニギの天孫降臨のときに、お供をした神の一人。
参考:サルタヒコが名乗る 五柱と共に降臨
スポンサードリンク

性格・能力

元々は巫女がトランス状態で舞を踊り、神託を受けていたものが、儀式が形式化して、舞を神に奉納するようになり、それが原型かと思われます。芸能の神であり、歌舞伎・舞・俳優・舞台の祈願に関連神社に参拝します。俳優と言う言葉の語源は日本書紀の中にアメノウズメの踊りを「巧みに俳優(ワザオギ)をなし」と表現したことがはじまりともされます。

神社や関連する土地

椿岸神社(椿大神社に隣接)
芸能神社
千代神社

歴史背景

サルタヒコと結婚し、その後は猿女(サルメ)とも呼ばれる。伊勢の五十鈴川の上流にとどまり、猿女君の祖となりました。猿女君は神楽を舞う神官の役職名。また宮廷で舞う芸能を登録する氏族集団に猿女一族がいます。アメノウズメの子孫とされます。
スポンサードリンク

個人的コラム

アメノウズメはトランス状態となり、神からの託宣を受ける巫女でした。つまり神ではなく神に仕える側の人物です。こんな風に巫女が神へと昇華するのは、日本の神話では珍しくありません。
例えばアマテラスも巫女から
主祭神であるアマテラスも本来は太陽神に仕える巫女が出世したもの。コトシロヌシ(=ヒトコトヌシ)も同じです。本来は使える方だったのです。
なぜ巫女が神になるか?
日本では巫女がトランス状態になって神をその身に降ろし、託宣を受けます。しかし、その言葉がどの神の言葉なのか、どういう意味を持っているのかは、分かりません。トランスというと響きがいいですが、ラリってるようなものだからです。支離滅裂な言葉のはずです。
その言葉を人間に分かりやすいものに通訳するのが「沙庭(サニワ)」です。巫女もサニワも、神ではありませんが、見えない神をその身に宿し、そして言葉を伝えるのですから、一般人から見れば、彼らは神そのものと言っても過言ではありません。まぁ、実際は過言なんですが、ほとんどイコールみたいなものです。
そこで巫女やサニワが後々に本家の神を差し置いて「神」となっちゃうわけです。
アメノウズメが裸になる理由
アメノウズメが乳房と性器をあらわにして、アマテラスをおびき出したのは、もしかすると神をその身に宿す「託宣」ということが「性交」を含んだものだったから、なのかもしれません。まぁ、これは余談で、下衆な推測です。
●インドにはウシャスという神が居て、太陽神スーリアを乳房と性器を見せながら、導いて日を昇らせるという神話があります。
参考:インドから来た外来神のサルタヒコ(仮説)
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集