天岩戸の神事は梅雨を払うためのもの

MENU
TOP>コラムいろいろ>天岩戸の神事は梅雨を払うためのもの

天岩戸の神事は梅雨を払うためのもの

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●日本の夏は蒸し暑い
●日本の夏は食中毒が起きやすい
●特に梅雨が長引くと、湿度が高い状況が続き、食中毒が起きやすくなる。
●長雨を終わらせる神事が「天岩戸」の神事
●雨雲に隠れた太陽を、祭りをして誘い出し、長雨を終わらせようとした。
アマテラスが岩戸に隠れた原因は、スサノオなので、スサノオが疫病の神となったのではないか?
スサノオの機嫌を取ることで、梅雨の長雨の発生を予防しようとしたのが「京都の祇園祭」ではないか?
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

古代の日本人は梅雨を恐れました

梅雨と日本人
梅雨が無いと水不足になるのですが、
長引いても困ります。
日本人はピンと来ませんが「日本は雨が多い」国です。
しかも、夏の湿度が高い。
気温が高い夏場に雨が多いということは、
植物の生育には良いのですが、
別の問題を発生させます。

湿度が高いとモノが腐ります。
食中毒が起きやすいのです。


疫病も発生しやすいでしょうが、
食中毒の方がキツかったのでしょう。

この感覚が「ケガレ」へと繋がって行きます。
まぁ、それはともかく。

その中でも梅雨を恐れました。
梅雨が長期化すると、日照不足から、稲の生育不良を起こすこともあります。日照不足で弱った稲は抵抗力を失って、病害虫にやられやすく成ります。

そういう理由で
梅雨の長雨は古代の日本人には恐怖でした。
スポンサードリンク

気温の低下が梅雨の長期化を

気温の低下が梅雨の長期化を引き起こしたのでは?
縄文時代から弥生時代にかけて
日本は気温の上下を繰り返しています。
その中で気温が下がると飢餓、
上昇すると豊かになり、
気温の上昇と朝鮮半島への進出しています。

日本は地形上、
大陸の空気と太平洋の空気がぶつかり合う場所で、
気温の上下に関わらず、
梅雨があったはずです。
気温が下がると太平洋高気圧の力が弱まり、
大陸の寒気をなかなか押し返せず、
梅雨が長くなってしまったのでは無いか?
と思います。

天岩戸神事は梅雨を祓う神事

梅雨を終わらせる
梅雨が長引くと、
日本人はこの梅雨がサッサと晴れるようにと
神事を行いました。

この神事が天岩戸です。
太陽が隠れたので、
それを引っ張り出すために祭りをします。
大きな榊に鏡と布と勾玉をぶら下げて、
祝詞をあげて、踊ります。

雲の向こうに引きこもっている太陽を
「こっちの方が楽しいよ」
「出ておいでよ」
と誘い出そうとします。

太陽が出て来て、梅雨が開ければ、
食中毒も減るでしょう。
稲の生育も良くなるはずです。
この神事はとても重要なものでした。
天皇の大きな役割をだったはずです。

スサノオは疫病の神へ

スサノオが疫病の神へ
梅雨の長期化によって、
湿度が高い状態が続き、食中毒が発生します。
人が死にます。

それはアマテラス天岩戸…つまり雨雲に隠れてしまったからなのですが、その原因とは何かというと「スサノオの悪行」です。スサノオがおとなしくしてさえすれば、アマテラスは天岩戸に隠れることはなく、梅雨は長期化しなかったのです。

天岩戸の神事はアマテラスを天岩戸から誘い出すのですが、それはあくまで対症療法。痛いから痛みどめを打つ、鼻水が出るから鼻炎薬を飲む、みたいなことです。それよりも前もって、スサノオに「妙なことをしないでください」とお願いした方が良いわけです。原因から解決したい。予防です。

それが京都の祇園祭になったのではないか?と思っています。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集