第九段一書(六)—4皇孫は悲しくて歌を歌う

MENU
TOP>日本書紀神代下>第九段一書(六)—4皇孫は悲しくて歌を歌う

第九段一書(六)—4皇孫は悲しくて歌を歌う

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

第九段一書(六)—4
火酢芹命(ホノスセリノミコト)を生みました。
次に火折尊(ホノオリノミコト)を生みました。
別名を彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)といいます

母(=吾田鹿葦津姫)の誓約が証明され、その子供たちが皇孫(スメミマ=ニニギ)の子だと分かりました。
しかし、豐吾田津姬(トヨアタツヒメ)は皇孫(スメミマ)を恨んで口を聞かなくなりました。皇孫(スメミマ)はこれを悲しく思って、歌を歌いました。

沖つ藻は
辺には寄れども
さ寝床も
あたはぬかもよ
浜つ千鳥よ

海の藻は浜に寄ってくるのに、嫁は寝床にも全然寄ってこないなぁ。千鳥だって番(ツガイ)でいるのになぁ。

熛火は裒倍(ホホ)と読みます。喧響は淤等娜比(オトナヒ)と読みます。五月蠅は左魔倍(サバヘ)と読みます。添山は曾褒里能耶麻(ソホリノヤマ)と読みます。秀起は左岐陀豆屢(サキタツル)と読みます。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

解説

ここでは二人兄弟
火の兄弟は大体が三人兄弟なのに、ここでは二人。

ニニギくん、弱い
妻の不貞を疑って、その疑惑を妻自らの誓約で晴らすのですが、それが原因で不仲になり、ニニギは妻に口を利いてもらえなくなります。

なんというか妻の方が強い。イザナギイザナミ黄泉の国でのやり取りといい、女性が強い。
スポンサードリンク

原文

遂生火酢芹命、次生火折尊、亦號彥火火出見尊。母誓已驗、方知、實是皇孫之胤。然、豐吾田津姬、恨皇孫不與共言。皇孫憂之、乃爲歌之曰、

憶企都茂播 陛爾播譽戻耐母 佐禰耐據茂 阿黨播怒介茂譽 播磨都智耐理譽

熛火、此云裒倍。喧響、此云淤等娜比。五月蠅、此云左魔倍。添山、此云曾褒里能耶麻。秀起、此云左岐陀豆屢。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集