鎌足渡来人説

MENU
TOP>コラムいろいろ>鎌足渡来人説

鎌足渡来人説

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●藤原鎌足(中臣鎌足)の渡来人説について
●鎌足の出自がハッキリしないことを渡来人の理由にするがこれはおかしい。
●「出自がハッキリしない=渡来人」ならば「渡来人=文化人」は成立しない。「出自がハッキリしない=渡来人」を成立させるためには「渡来人=野蛮人」でないといけない。
●よって「出自不明=渡来人」説を唱えるということは、「渡来人(朝鮮人)とは恥ずかしい事」というイメージが持っているということになる。
●記紀には百済人の出自をハッキリと書いている。
●この矛盾の原因は「朝鮮史観」ではないか??
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

藤原鎌足(中臣鎌足)の渡来人説

鎌足は渡来人か?
よく「鎌足の素性がハッキリしない、だから渡来人だ」という説がありますが、素性がハッキリしないから渡来人というのはむしろ渡来人に対する偏見でしょう。もしも渡来人=文化人ならば、むしろ素性はハッキリ書くはずです。素性がハッキリしないから渡来人だ、というは渡来人=野蛮人という前提が無いと成立しないのです。鎌足が渡来人というのは無いでしょう。名前だけは名家だけど、弱い分家の中臣氏出身のパっとしない小役人が急激に出世してしまって、出自がハッキリしないだけです


出自がハッキリしないということは「世間に言えない出自」か「書く必要がないくらいに大した事が無い」か「ほんとに分からない」のどれかです。鎌足が渡来人で朝鮮から来た人物なら書くでしょう。渡来人が文化人で、鎌足が渡来人というのは、相反するのです。矛盾します。どちらかが嘘か、両方が嘘でないと成立しません。
スポンサードリンク

この説の原因

朝鮮史観の矛盾ではないか?
朝鮮の人は儒教の影響もあり、「俺が正しい」「俺は偉い」「お前は馬鹿」という考えを元に歴史を見ています。その中で「日本の文化は朝鮮が伝えた」という大前提を抱いています。よって「偉い人はみんな朝鮮人」という考えが強く、これが「鎌足=渡来人」という説の根幹となっていると思われます。
しかし出自がハッキリしないということと、渡来人が偉いということと、鎌足は渡来人ということは、矛盾します。一貫性が無い。この矛盾を支えているのが朝鮮史観ではないか?と考えています。つまり第二次大戦の皇国史観の反動であり、無茶苦茶な理屈ということです。
参考:朝鮮史観
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集