バナナ型神話

MENU
TOP>資料>バナナ型神話

バナナ型神話

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

バナナ型神話

パプアニューギニアや東南アジアに伝わる神話

大昔。人間はこの世界を作った創造神からが天から縄にゆわいで降ろして来る「贈り物」によって生活していました。ある日、創造神は天から「石」を降ろしました。人間は石を見て、これは食べられないと不平を叫びました。すると創造神は石の代わりに「バナナ」を降ろしました。人間は喜んでバナナを食べました。そして神は言いました。
「お前たち、人間は石ではなくバナナを選んだ。
だからお前たちはバナナのような命となる。
石を選んでいたら、命は永遠だったのに」

これ以降、人間には寿命があり、時間とともに老い、死ぬようになった。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集