タカミムスビ

MENU
TOP>用語・神名など>タカミムスビ

タカミムスビ

漢字・読み高御産巣日神
別名高皇産霊尊・高木神・高天彦神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

アメノミナカヌシの後に生まれた造化三神の一人。他の造化三神が、記紀の最初に出たきりで後はほとんど出てこないのに対して、天孫降臨・国譲り・神武東征といった場面でちょくちょく顔を出します。カミムスビと対をなし、カミムスビが地母神的性格を持っているのに対して、タカミムスビは政治的交渉を行ったり、娘をアマテラスの子供に嫁がせるなど政治能力を行います。

思兼神やタクハタチヂヒメ神の親。タクハタチヂヒメ神はアマテラスの子供であるアメノオシホミミ神と結婚しニニギ尊を生んでいます。

ムスビかムスヒか
何かを生み出す力として「ムスビ」を持つもの、と見られていましたが、現在は「ムス」+「ヒ(日)」で太陽神と見る説が強いです。

タカミムスビの別名である「高木神」は高い木、樹霊信仰を表し、それは天に伸び、「太陽」へと続くものです。この「天」という思想が高天原というイメージを作ったのではないか?と思われます。

伊勢神社の元の主
アマテラス信仰が成立したのは天智・天武天皇のあたりであり、それ以前にはアマテラスはあくまで八百万の神の1柱でしかありませんでした。

ではこれ以前に伊勢神宮に居た神とは何か? それがタカミムスビであり、その神体が「心の御柱」ではないかとされます。伊勢神宮が遷移するときに白い布で隠して移動するアレです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

政治権力者として
タカミムスビは事実上の高天原の運営者として辣腕を振るいます。天の安河に神々を集めて指令を下すとき、いつもアマテラスの横に居ます。出雲に国譲りを迫るとき、タカミムスビがいました。時にはアマテラスなしにタカミムスビだけが指令を下すこともあります。

中心人物です。もしかすると本来はギリシャ神話でいうところの「ゼウス」だったのかもしれない。そのポジションをアマテラスに奪われたっぽいのです。といっても、アマテラスも決してイケイケのポジションじゃなくて、スサノオに泣かされてばかりなのですが。
スポンサードリンク

神社や関連する土地

安達太良神社
白髪神社
東京大神宮
四柱神社
赤丸浅井神社
高室神社
高天彦神社

個人的コラム

天皇は神を祀る
そして祀る神を変える

タカミムスビが主神から引き釣り降ろされたことを「大事件」と考えることも出来ます。しかし、仏教が伝来したときに、仏教を「天皇自ら信仰」しようとするあたり、「天皇はどの神を信じるか決める」という権限を持っていたと考えたほうがスッキリします。

もしかすると、その「神を変える」事件は珍しいことではなかったのかも。
Pre<<<  >>>Next 

関連する日記

スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集