カミムスビ

MENU
TOP>用語・神名など>カミムスビ

カミムスビ

漢字・読み神産巣日神
別名神産巣日御祖神・神皇産霊尊
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

タカミムスビ神と対になる神。タカミムスビアメノミナカヌシ神とこのカミムスビ神を合わせて造化三神と呼びます。宇宙開闢の祖、というよりは宇宙そのものというイメージです。この造化三神のうち、タカミムスビ神を男、カミムスビ神を女とします。これはハッキリと男女の差があるというわけではなく、あくまで二柱の関係を言うならば…と言う程度の表現、属性といった方がいいです。
アメノミナカヌシ神にはそういった性別の属性はありません。
地母神として
出雲地方と特に深く関係し、オオクニヌシオオモノヌシオオナムチ)とは親子のよう。オオクニヌシが兄弟の八十神に殺されるのですがキサガイヒメ・ウムガイヒメを派遣して生き返らせます。オオクニヌシが国造りを行う際に強力なパートナーとなるスクナヒコナはカミムスビの指の隙間からこぼれ落ちた子供とされます。
出雲大社を造った
国譲りの後にオオクニヌシは出雲大社に隠遁します。その出雲大社の造営のために全国の神々を集め、指揮をとったのがカミムスビです。記紀ではオオクニヌシは国を譲りますが、出雲風土記では譲る件はありません。つまり出雲風土記では国造りを成し遂げた褒美として出雲大社が造られたようなものです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

物語・由来

スポンサードリンク

神社や関連する土地

安達太良神社
八所神社
東京大神宮
白髭神社
高室神社
出雲大社
Pre<<<  >>>Next 

関連する日記

スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集