律令制度

MENU
TOP > 律令制度

律令制度

漢字・読みリツリョウセイド
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

律;規制法
令;行政法
土地;家族

●関東だけが防人の兵役義務を負う。不公平なものだった。
●戸籍台帳などは600年代の半ばには定着。
●律令法典の最後が延喜式
●延喜式を編纂したのは菅原道真。その後左遷。
●律令制は王と平等な民の存在が前提としている。
●王が民に土地を貸し、税金を集めるという形式を取る。
●しかし、行政は多くの人が関わることになり、そこを細分化していく。その中で位を作り、民に階級をつけることになった。それが「王土王民」の原則を壊した。

●701年大宝律令。
●日本市場最初の本格的律令法典。
●これから最初の国号が定められた。
●律令編纂に参加した藤原不比等。
●後醍醐天皇。後鳥羽上皇。白川上皇などが、目指したのが律令制度の再興。
●武家に私有地を持ち、武士が発生する。
●その原因が藤原氏。
●藤原が私有地を持った。
●その藤原から名前貸しをしてもらって、私有地持つものが出た。
●藤原氏は誰も襲わないが、その他の土地は襲われる。そこで武装したのが武家の始まり。
●その武家が、源。平。橘。紀。そして藤原。
●その後右大臣に昇進し、権力者になった。
スポンサードリンク

雑記

藤原京には藤の井戸があり、そこには毎年春になると花が咲く。
その藤と周囲の田園風景から藤原氏という名前が出来た。

近江領に天智天皇から一度飛鳥に帰る。
その後天武天皇になる。
軍事を最優先として政治を行う。
それが飛鳥キヨミハラで発布されたのできよみはら令。

身の周囲を甲冑で固める政治を行う。
近江の勢力を味方につける。
そのために自分から甲冑をつけなくてはいけない。
自分に力が無いから軍部に頼る。

佐伯はヤマトタケルによって東北から連れて来られた蝦夷。
長登(ながのぼり)が長門になった。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
編集