独竜族(トールン族・トーロン族)の人類起源神話

MENU
TOP>資料>独竜族(トールン族・トーロン族)の人類起源神話
スポンサードリンク

独竜族(トールン族・トーロン族)の人類起源神話

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

物語・由来

天神のカメイとカシャが地上に降りました。
二人の神が岩を手でこすって土を作り出しました。
その土をこねて
まず男を作りました。
次に女を作りました。
男女は結ばれて人間は沢山に増えました。

最初は地上には食べ物がたくさんあって
人間は死にませんでした。
ある日、一人の人間が死んでしまいました。
すると四本足の蛇が現れて
「死者を土に埋めなさい」
と人間に教えました。
それから人間は死ぬようになり、死ぬと弔いの儀式をするようになり、人間は死んだら土に帰るようになりました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集