誅韓・嫌韓…日本の「和」から韓国が出て「敵」になる日

MENU
TOP>コラムいろいろ(連載)>誅韓・嫌韓…日本の「和」から韓国が出て「敵」になる日

誅韓・嫌韓…日本の「和」から韓国が出て「敵」になる日

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●日本は「和」を重んじる。
●「和」とは「みんな仲良く」ということ。
●日本はかつて「大東亜共栄圏」としてアジア全体を一つの「和」にしようとした。そして白人と戦った。その是非はともかくとしてそういう動機があった。
●日本の「和」は決して温和なだけではない、「和」の外とは徹底的に戦うだけの気概がある。
●韓国の実態が明らかになり、日本人の「和」から韓国人が外れはじめている。
●嫌韓・誅韓はかなりヤバいところまで来ている、と思う。ただ日本が悪いのではないが。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

日本の嫌韓

日本の嫌韓が進んでいます。
日本人は今まで韓国のことを「同じ漢字圏の同じような文化で歴史を共有している」と思っていました。しかし、韓流ブームが起き、韓国の事を知れば知るほどに、「韓国は全く違う文化の国」と知るようになりました。いや、文化が違うだけならまだしも、バリバリに日本を嫌っていると言う事実が明らかになって来ます。

そこで日本人も徐々に韓国が嫌いになってきました。
という程度のことだったのですが、徐々にそれだけでは済まなくなっています。
原因は韓国がルールを破り、嘘をつくからです。
しかし韓国にとってはルールを破る事も嘘をつく事も彼らの「思想」では「正当」なものなので、韓国では矛盾の起きないことなんだと、このサイトで書いて来ました。儒教の思想から、嘘やルール違反は正当化されるということです。つまり、「中には悪い奴がいて、嘘をつく奴がいる」ではなく「思想によって嘘が正当化されている」ということです。
参考:韓国人の行動原理 韓国人が嘘をつく理由

韓国国内はそれでいいのです(国々の事情もあるし文化は大切にすべき)……が、国際社会ではソレは赦されません。だから、韓国の政府や企業は改めるべきです。また同時に、韓国以外の人たちは出来るだけその文化の違いを知っておき、その上で対処をするようにしていかないといけません。
スポンサードリンク

日本の和とは?

さて、日本人は「和」の国です。
和は「みんな仲良くしようよ」という性質です。
非常に良い性質ではあるのですが、悪い面もたくさんあります。
競争を避け、責任は曖昧になり、多数派の意見が通り、改革が進みにくい。
天才が生まれにくい、などなど。
そして「和」の外だと思われたら非常に冷たい、ということ。

日本人は「和」を重んじますが、この「和」に入れないもの、入らないものに関しては非常に冷たいものです。例えば、顔つきの違う外国人の子供は学校でどうしてもハネられる、ハネられやすくなります。そういうことです。
和は仲良くする……だけじゃない
日本人はかつて大東亜共栄圏を造り、欧米に反抗しました。
東南アジア諸国を巻き込み、エライことになったのですが、少なくとも、この大東亜共栄圏は日本人には「仲間と共に」という感覚があったのです。アジア人の仲間で一致団結して!白人社会に一矢報いる!という感覚です。支配してやろうという意図は無かったわけです。特に朝鮮半島に関しては併合してお金をつぎ込んでインフラ整備をしたわけですから、朝鮮を植民地にしたというのは誤解も甚だしいのです。無論、単に戦争に巻き込んだだけ、戦争しただけ、という面もあります。「仲間」なんて書いてますが、ハッキリ言って善意の押しつけです。迷惑を掛けて甚だ遺憾なのですが、動機は「和」なのです。

それはひっくり返すと日本人は「和」の為に戦争をするということです。
単なる「仲良し」ではなく、そのために戦う気概もあるのです。
実はそのくらいに「和」にはパワーがあるわけです。

戦後の日本の和と現状

そんな日本人は戦争に負け、経済が復興してくると、前にもまして世界を相手に貿易するようになりました(戦前も貿易してたけど状況が違う)。こうなると日本人にとって「和」とはもう「アジア人」とは限らないのです。ヨーロッパでもアフリカでもアメリカでも中東でも、取引をしてお互いに利益が出る「商売」の下では誰もが「和」の中に居ます。商売の下には人種や宗教は関係なく平等なのです。金の力は凄いな。

ところがこの「和」から韓国人と中国人だけが外れようとしています。特に嫌韓の構造はもうかなり深刻な所にまで発展しつつあると思います。
最近では「誅韓」とまで。
明らかに韓国は日本人の敵になりつつあります。
まさか戦争はしないでしょうが、
少なくとも日本には韓国と戦争する気がない、大体メリットが無い

それでも、行き着く先はヤバイです。
ただし韓国にとって…ですが。

何が嫌いか?
日本人は過去の歴史にはこだわりません。
元寇があったからといってモンゴル人を恨むことはありませんし、原爆を二発落とされてもアメリカを恨んでいません。にも関わらず、韓国を嫌っています。
まぁ、朝鮮も李氏朝鮮時代に対馬に侵攻していますし、韓国は竹島に侵攻し日本人を殺して占領していますけど

歴史は関係ありません。
純粋に『嫌い』という感情です。
これは根深い。
理由をあげればいくらでもあるのですが、そういう次元ではなくなってきています。
一刻も早く韓国は日本に対して友好の姿勢を見せるべきなのです。日本は好意を見せるものを批判しません。好意には好意で返します(…まぁ、そんなのは日本に限らないと思うのですが)。でも日本に好意を見せるなんて韓国の文化(=民意)が許しません。韓国にとっては、「対等」の関係は存在しないからです。日本が好意を見せるのはいいが、韓国が日本に好意を見せるのは駄目。今までは日本が大人になって一歩引いて韓国を立てていましたが、最早、日本がひく事は無いでしょう。韓国は日本が助けるべき「和」の中にはもう居ないからです。

わたしは結構ヤバイところまで来ていると思います。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集