兄猾と弟猾

MENU
TOP>神武天皇(日本書紀)>秋八月甲午朔乙未(一)兄猾と弟猾
スポンサードリンク

秋八月甲午朔乙未(一)兄猾と弟猾

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

原文

秋八月甲午朔乙未、天皇使徵兄猾及弟猾者。(猾、此云宇介志。)是兩人、菟田縣之魁帥者也。(魁帥、此云比鄧誤廼伽瀰。)時、兄猾不來、弟猾卽詣至、因拜軍門而告之曰「臣兄々猾之爲逆狀也、聞天孫且到、卽起兵將襲。望見皇師之威、懼不敢敵、乃潛伏其兵、權作新宮而殿內施機、欲因請饗以作難。願知此詐、善爲之備。」天皇卽遣道臣命、察其逆狀。時道臣命、審知有賊害之心而大怒誥嘖之曰「虜、爾所造屋、爾自居之。」(爾、此云飫例。)因案劒彎弓、逼令催入。兄猾、獲罪於天、事無所辭、乃自蹈機而壓死、時陳其屍而斬之、流血沒踝、故號其地、曰菟田血原。已而弟猾大設牛酒、以勞饗皇師焉。天皇以其酒宍、班賜軍卒、乃爲御謠之曰、謠、此云宇哆預瀰。
スポンサードリンク

現代語訳

秋八月の二日。
天皇は兄猾(エウカシ)と弟猾(オトウカシ)を呼び寄せました。
猾を「宇介志(ウカシ)」と読みます。

この二人は菟田縣(ウダノアガタ=地名)の魁帥(ヒトゴノカミ=長)です。
魁帥は比鄧誤廼伽瀰(ヒトゴノカミ)と言います。

ところが兄猾(エウカシ)は現れませんでした。
弟猾(オトウカシ)だけがすぐにやって来ました。
そして軍門(=軍の入り口)で拝んで言いました。
「わたくしめの兄の兄猾(エウカシ)は逆(サカシマナルワザ=反逆の心)を持っています。
天孫がこの土地に来ると聞いて、すぐに兵を集めて襲おうとしていますた。しかし、遠くから皇軍の勢いを見ていると、真正面から当たっても勝てないと思って、密かに兵を隠して、仮の宮殿を建てて、宮殿の中に(天皇を殺す)罠を起き、宴会を開いて、だまし討ちをしようとしています。お願いですから、このような企みがあると知った上で、よく準備してください」
天皇はすぐに道臣命(ミチノオミノミコト)を派遣して、その逆(サカシマゴト=反逆)の状況を調べました。それで道臣命(ミチノオミノミコト)は兄猾(エウカシ)に敵対すると心があることを確信して、とても怒り、兄猾(エウカシ)に叫びました。
「野郎!!
お前が作った小屋に、お前自らが入ってみろ!」
爾は飫例(オレ)と読みます。

道臣命(ミチノオミノミコト)は剣の柄を握り、弓を引いて、兄猾(エウカシ)を追い立て小屋に無理矢理に脅して入れた。兄猾(エウカシ)は天に罪を見抜かれて、良い訳も出来ませんでした。兄猾(エウカシ)は自分から小屋で罠を踏んで、死んでしまいました。そのときに死体を引っ張り出して斬ったところ、血が流れ出、踝(ツブナギ=くるぶしのこと)まで浸かるほどだった。それで、この土地を菟田血原(ウダノチハラ)と言います。
弟猾(オトウカシ)は沢山の牛の肉と酒を献上して、皇軍をねぎらう宴会を開きました。天皇はこれらの酒と肉で兵に分けました。
それとき歌を歌いました。
古事記の対応箇所
兄宇迦斯・弟宇迦斯
訶夫羅前
エウカシの罠と謀略と密告
道臣命と大久米命
宇陀の血原
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集