ワクムスビ

MENU
TOP>用語・神名など>ワクムスビ
スポンサードリンク

ワクムスビ

漢字・読み稚産霊神
別名和久産巣日神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

イザナミが女性器を火傷し、苦しみもがいた際に失禁した尿から生まれた神。トヨウケ大神(トヨウケビメ)の親。日本書紀の一書(一説)にはイザナミが死んだ原因となった火の神カグツチと、土の神ハニヤマヒメとの間に生まれたとも言われます。

ワクムスビが祀ってある愛宕神社があります。愛宕神社は元々は山岳信仰の神社で、ワクムスビは愛宕山の神だったと思われます。
頭から蚕と桑、ヘソから五穀が
ワクムスビもウケモチ神・オオゲツヒメ神と同様に身体から穀物が出て来ました。頭から蚕・桑、ヘソから五穀が出ました。そのためワクムスビは養蚕の神でもあります。
ワクムスビの子がトヨウケヒメノカミで、「ウケ」は「食料」を表しています。
ウケモチオオゲツヒメの食料起源神話と関係が深い。
スポンサードリンク

物語・由来

第五段一書(二)三貴神からワクムスビまで
カグツチがハニヤマヒメを娶って稚産霊(ワクムスヒ・ワクムスビ)が生まれました。 ワクムスビの頭から蚕と桑が生まれました。へそから五穀が生まれました。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ

管理人リンク

編集