日韓基本条約を韓国が無視して更に謝罪と賠償を求める理由

MENU
TOP>コラムいろいろ>日韓基本条約を韓国が無視して更に謝罪と賠償を求める理由

日韓基本条約を韓国が無視して更に謝罪と賠償を求める理由

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

まとめ
●韓国は徳治主義の国。
徳治主義は法律より道徳が上になる。
●よって条約より道徳が上回る。
●日本人は条約を守るものと思っているが、韓国人は条約を守らないといけないという感覚は薄い。
●日韓基本条約で日本が賠償し、朝鮮半島の資産を放棄し、謝罪し、過去を清算し不問にするという条約を結んでも、韓国は守らない。正確には「守らない」ではなく、「守らなくてもいい」という感じ。
●韓国人が条約や法律を軽く扱うのは儒教の影響で、決して国際社会に馴染んでいないから、ではない。文化・思想が根底にある。よって改善されるかは疑問。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

疑問

日本と韓国は日韓基本条約で、日本が韓国に賠償金を支払い、朝鮮半島に投じた日本の資材を放棄することで、全ての問題を解決し、国交を回復しました。全てを解決したのですから、もう障害は一切ないはずです。ところが韓国は日韓基本条約の後も、慰安婦にしろ、謝罪にしろ、過去を持ち出して日本を圧迫します。なぜでしょうか??
スポンサードリンク

徳治主義について

韓国は儒教の国です。
儒教は徳治主義です。
徳治主義というのは法律・契約・条約よりも道徳が大事ですよーという思想です。
徳治に対して法治というのがあります。
法治は法律が大事ですよーという思想です。
法治主義では条約を結んだら、条約が絶対です。条約を無視すれば信頼を失います。条約を無視してしまうと、もう条約を結んでもらえません。TPPもFTAも条約です。世界のほとんどが法治国家で、条約を重んじていますから、条約を無視すると関係がおかしくなるし、貿易だって厳しくなります。
でも、徳治主義の韓国では条約は大した意味を持っていません。
法より道徳が大事だからです。

もちろん韓国の上層部は条約が大事だと思っています。
でも、民意は違います。
その民意によって国会議員や大統領が選ばれているのですから、上層部が多少は理解していても、政策にはなかなか反映されません。

日韓にある大きな誤解

日韓基本条約について
日韓基本条約で日本が賠償して、それで全ての問題を解決した、となっていても、韓国人にとっては条約よりも道徳が大事なので、関係ありません。条約で解決したという文言自体が韓国人にとっては意味がありません。

道徳道徳といっていますが、道徳というのは立場や時と場合によって幾らでも変わるもので、「不変の事実」ではありません。なので、幾らでも韓国人の都合のいいように変えられます。これでは日本にとっても諸外国にとっても無茶苦茶です。法治国家としてはこれを認めてしまうと、条約の意味がありません。

条約の中で歩み寄りをしても、条約が守られないなら歩み寄った分だけ損をするのです。日本は賠償し、朝鮮の資材を放棄し、謝罪した。それで過去は清算して不問にして、未来に向かって頑張って行きましょうね。というのが日韓基本条約です。韓国には何ら損の無いことです。でも韓国はこの条約を無視してその後も謝罪を賠償を求めました。そりゃ、これを踏まえれば日本人が韓国人を嫌うのは当然だと思うのですが、それはあくまで「条約は守らなくちゃ行けない」と日本人が思い込んでいるからであって、韓国人からすれば、「どうして守らなくちゃいけないんだ?」くらいのことです。まぁ、「条約は守らなくちゃいけない」ってのは国際常識だから、やっぱり守らなくちゃいけないんですけど、そのくらい日韓には認識の差があり、文化の差があるわけです。

誤解
韓国人も日本人も誤解があります。
日本人は「条約は守るもの」と思い込んでいます。
それと同様に韓国人は「条約は守らなくてもいいもの」と思い込んでいます。
正確には条約を守った方がいいが、無理に守る必要はない、ということです。
韓国人から見ると、条約を無視して、更に謝罪と賠償を請求するのは「当然」です。
法の価値が低いのですから、不自然ではないのです。
何も間違ったことは無いのです。

つまり、とても日本にとって厄介ってことです。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集