崇神天皇の皇后と妃とその子供たち

MENU
TOP>崇神天皇(日本書紀)>崇神天皇(二)崇神天皇の皇后と妃とその子供たち(日本書紀)

崇神天皇(二)崇神天皇の皇后と妃とその子供たち(日本書紀)

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

現代語訳

崇神天皇即位元年1月13日。皇太子は天皇に即位しました。皇后(=開化天皇の皇后の伊香色謎命)を尊び、皇太后としました。2月16日。御間城姬(ミマキヒメ)を皇后としました。これより先に…(皇后になる以前に)、后は活目入彥五十狹茅天皇(イクメイリヒコイサチノスメラミコト=垂仁天皇)・彥五十狹茅命(ヒコイサチノミコト)・國方姬命(クニカタヒメノミコト)・千々衝倭姬命(チチツクヤマトヒメノミコト)・倭彥命(ヤマトヒコノミコト)・五十日鶴彥命(イカツルヒコノミコト)を生みました。

また妃の紀伊國の荒河戸畔(アラカワトベ)の娘の遠津年魚眼眼妙媛(トオツアユメマクハシヒメ)
ある書によると大海宿禰(オオアマノスクネ)の娘の八坂振天某邊(ヤサカフルアマイロベ)とも

が、豐城入彥命(トヨキイリビコノミコト)・豐鍬入姬命(トヨスキイリヒメノミコト)を生みました。

次の妃の尾張大海媛(オワリノオオアマヒメ)は八坂入彥命(ヤサカノヒリヒコノミコト)・淳名城入姬命(ヌナキノイリヒメノミコト)・十市瓊入姬命(トオチニイリヒメノミコト)を生みました。この年は太歲甲申でした。
スポンサードリンク

原文

元年春正月壬午朔甲午、皇太子卽天皇位。尊皇后曰皇太后。二月辛亥朔丙寅、立御間城姬爲皇后。先是、后生活目入彥五十狹茅天皇・彥五十狹茅命・國方姬命・千々衝倭姬命・倭彥命・五十日鶴彥命。又妃、紀伊國荒河戸畔女遠津年魚眼眼妙媛一云、大海宿禰女八坂振天某邊、生豐城入彥命・豐鍬入姬命。次妃尾張大海媛、生八坂入彥命・淳名城入姬命・十市瓊入姬命。是年也、太歲甲申。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

編集