クニノミハシラ

MENU
TOP>用語・神名など>クニノミハシラ
スポンサードリンク

クニノミハシラ

漢字・読み国御柱神
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

アマノミハシラ神とセットの風神
イザナギイザナミの間に生まれたとされる神。俵屋宗達が描く風神・雷神の風神はあくまで具象化したもので、日本人にとっての神は感じるもの。でも絵に描いた方が分かりやすいですね。
Pre<<<  >>>Next 

物語・由来

祟神天皇のときに、雨風による災害で不作の年が何年も続きました。すると祟神天皇の夢に二柱の神が出てきて、「我々アメノミハシラ神とクニノミハシラ神を祀れば、災害は収まる」――と神託がありました。日本の神様はちょくちょく災害を起こして、祀るようにせがみます。これはまず災害があり、国の対処として、神を祀るという事業を行う――その理由づけの為に「祀って~」とせがむ神託が用意されるだけなんでしょう。
そうして出来た神社が龍田大社です。

神社や関連する土地

龍田大社
神威神社
伊勢神宮内宮・風日祈宮
伊勢神宮外宮・風の宮
鳴無神社
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

用語・神名などの表紙へ
編集