聖数字

MENU
TOP > 聖数
スポンサードリンク

聖数

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

物語・由来

ギリシャ人はかつて「3」が一番大きな数字だった。だから「3」は最大の数字だし、無限を意味する数字だった。それがその後の数字も生まれると、「特別」という意味だけが残って、本質は変わってしまった。

ローマ人・ケルト人・チュートン人・スラヴ人は3と9。
中国では3・5・7・9。
満州人・ツングース人は5・25。
高句麗・百済は5。
新羅は6。
アメリカインディアンは4。
アメリカインディアンのナファ族は4・8。
ポリネシアのイースター島にも8を聖数字とする場所がある。
日本人は2を重んじる。

日本人が8を重んじるのは、基本的な数字、つまり1から9の間で、2×2×2=8と最も2を基礎としている数字だからと思われる。つまり「八」が聖数字なのは漢字が伝わる以前からと思われます。
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集