空想上の生物バクの彫り物が柱に。河内神社の縛

MENU

「空想上の生物バクの彫り物が柱に。河内神社の縛」

2013年06月24日

河内神社の本殿の柱には獏が居ます。獏はそもそも中国で「バクの毛皮を敷いて寝ると悪夢を見ない」という程度の話が日本に伝わった際に、「夢を食べる」神獣となったと言われています。

ところで、関係あるような無いような話ですが、中国にはかつて「ワニ」が住んでいました。ワニ学者の青木良輔はこれが「龍」の原型となったと主張しています。

実はこの神獣「バク」も実際にバクと呼ばれる動物がいます。今までは同音異物だと思われていましたが、かつてまだ中国が暖かかったころの動物の名前が伝説化して現在にも残る――というのはあながち無視できない話です。

前後の日記

日付の近い日記