中国の天柱神話

MENU
TOP>資料>中国の天柱神話
スポンサードリンク

中国の天柱神話

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

物語・由来

淮南子の覧冥訓では…
天の四隅を柱が支えていた。
その柱が折れて天の一部が落ちました。
大地は裂けて傾きました。
そのときに頭が人間で体が蛇の女媧(ジョカ)が大きな亀の足を切り取って柱の代わりにして天を支え、五色の石を練って、天の裂け目を補修して天地を元通りにしました。

淮南子の原道訓では…
共工という神が顓頊(センギョク=黄帝の孫)と皇帝の位を争って破れました。
そこで北西の天を支える柱の不周山を折ってしまいました。
すると北西が高く、南東が低いという中国の地形になりました。

楚辞の天問篇
天を支える柱は八本あった。
Pre<<<  >>>Next 
スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ページ一覧

管理人リンク

編集