太歳(タイサイ)

MENU
TOP > 太歳
スポンサードリンク

太歳

漢字・読みタイサイ
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

概要

太歳神という神様が中国にいました。これが陰陽道の神さまで「木星」の神様です。木星はおおよそ12年の周期で回っているので、これを干支と関係あるとして「太歳」+「干支」と表記するようになりました。

ところが中国の春秋・史記・漢書・三国志・尚書などでは「太歳」という書き方はしていない。日本でも日本書紀だけです。日本書紀はどこから「影響を受けた」のか? 継体天皇の「百済本記」からの引用の部分に「太歳辛亥3月」とあることから、百済人の影響ではないか?と思われます。日本書紀の編纂に百済人が関わっていたから、ということです。
⚫︎日本と百済王家は懇意にしていました。白村江の戦いの後は百済王家が日本に渡っています。
⚫︎百済の建国にも「倭人」が関わっています。

関連する日記

スポンサードリンク

SNSボタン

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

管理人リンク

編集